閉じる メニュー
葬儀を知る

香典を連名で出す場合のマナーを解説。名前の書き方や渡し方などについて

香典を連名で出す場合のマナーを解説。名前の書き方や渡し方などについて

基本的に香典は個人で出すことが多いですが、場合によっては複数人の連名で香典を出すこともあります。香典を連名で出す場合、どのようなことに注意する必要があるのでしょうか。本記事では、香典を連名で出す場合の名前の書き方や渡し方などのマナーについて解説していきます。

香典は連名で渡してよい?

香典を複数人の連名で出すのは、故人やご遺族に対して失礼にならないのか」と疑問を感じる方もいらっしゃるでしょう。しかし、香典は連名で渡しても全く問題ありません。

個人でお通夜葬儀法要などに参列する場合は個人で包むことが多いですが、会社や団体の一員として参列する場合は、連名で渡すことも珍しくありません。

香典を連名にする場合

基本的に香典は個人で出すことが多いものですが、香典を連名で渡すのにはどういったケースがあるのでしょうか。ここからは、香典を連名で出す場合について紹介していきます。

夫婦や家族で渡す場合

夫婦や家族でお通夜や葬儀、法要に参列する場合は、連名にすることがあります。一般的に世帯単位で香典を準備し、世帯主の名前のみを書いて渡しても問題ないとされています。しかし、夫と妻の両者が故人と親しくしていたり、夫婦揃ってお通夜や葬儀などに参列する場合は、連名で香典を準備することが多いです。

また、親子で香典を出す場合、親と子が同居中でかつ葬儀に一緒に参列する場合、連名にすることがあります。ただし、親子が別々に暮らしている場合は、子供に収入があるなら香典を個別に用意し、子供に収入がない場合は世帯主が個人で香典を用意するのが基本です。

団体として香典を出す場合

学生時代の部活動やサークル仲間、会社の同僚など、故人と縁があった人が複数おり、複数名で香典を出す場合は連名にするのが基本です。この場合、お通夜や葬儀に参列する代表者のみが香典を渡すという形になります。連名で香典を出す際は、前もってどの程度の金額を包むか話し合っておきましょう。

香典を連名で出す場合の名前の書き方

香典を連名で出す場合、状況によって香典袋への名前の書き方が異なります。ここからは連名で香典を出す際の名前の書き方について解説します。

夫婦連名で出す場合

夫婦揃ってお通夜や葬儀、法要に出席する場合は、香典袋の中央部分に夫のフルネームを記載し、その左隣に名字を除いた妻の名前のみを記入しましょう。妻の名字を書くと、ご遺族に「別居中なのか」「離婚したのかも」と勘違いされてしまう恐れがあるため、注意が必要です。

妻が夫の代理で参列する場合

お通夜や葬儀に招かれたものの、夫がどうしても参列できない場合もあるでしょう。このようなケースでは、妻が夫の代理としてお通夜や葬儀に出席することもあります。妻が代理で参列する場合、先述した夫婦連名で香典を出す場合とは、名前の書き方が異なります。

代理参列の場合は、香典の表書きが書かれた下の段に夫のフルネームを書き、その左下に「内」と小さく記入してください。夫婦揃って参列する場合とは異なり、妻の名前は記載しないのがマナーなので注意が必要です。

家族で出す場合

家族で香典を包む場合は、全員の名前を記載します。まず、香典袋の中央に夫のフルネームを書き、左に妻の名前、子供の名前の順番で書きます。

ただし、子供が学生だったり収入がなかったりする場合は、名前を書く必要はありません。香典袋に名前を書くと、ご遺族がその人数分の香典返しを準備することになり、負担が増えてしまうためです。子供が未成年ではなく、収入がある場合には、名前を書いても問題ないでしょう。

しかし、故人と家族ぐるみで親しくしていた場合などは、子供が小さくても家族連名で名前を書きたいと考える方もいるでしょう。その場合、「中学◯年生 〇〇」「大学◯年生 〇〇」のように、子供が未成年であることが伝わるように記載するのがおすすめです。こうすることで、ご遺族が香典返しを用意する必要がなくなり、相手の負担を減らせます。

3名以下の団体で用意した場合

3名以下の団体として香典を包む際は、香典袋に全員の名前を書くのが一般的です。会社関係の団体の場合、右から順番に立場や役職が高い人の名前を書きましょう。香典袋の右上に、会社の名前を記入することもあります。学生時代のサークル仲間や友人など、立場や役職の上下がない場合は、右から五十音順に名前を書いて対応します。

4名以上の団体で用意した場合

香典袋に名前を書けるのは3名までなので、4名以上の連名の場合は全員の名前は書きません。この場合、代表者の名前のみを香典袋の中央に書き、左側に「他◯名」「他一同」と記載します。また、代表者の名前は書かずに「団体名一同」とすることもあります。

4名以上の連名で香典を包んだ際は、誰が香典を出したのかご遺族に伝わるよう、全員の名前と住所を記入した紙を入れておきましょう。白無地の便箋に香典を出した人の住所と氏名を書き、香典袋の中袋に入れます。別紙に名前と住所を記載する際も、右側から立場が上の人の名前を書くようにし、立場の上下がない場合は五十音順に記入します。

香典を連名で出す場合の金額

連名で香典を出す場合、誰がどれくらいの金額を包む必要があるかはご存知でない方は多いのではないでしょうか。ここからは、香典の金額に関係するマナーについて解説します。

金額の決め方に決まりはない

香典を連名で包む際、金額の決め方にルールはありません。ひとりが出す金額を決めてから香典をまとめる場合もありますし、合計金額を決めて人数で割るという方法もあります。

ひとりが出す金額から香典の総額を決める場合は、ひとり当たり1〜2千円ほどにするのが相場とされています。合計金額からひとり当たりが出す金額を決める際は、合計金額を5千円〜1万円ほどに設定することが多いです。

お札の枚数はなるべく少なくする

複数人の連名で香典を出す場合、どうしても千円札ばかりが集まってお札の枚数が増えてしまいます。しかし、香典に包むお札の枚数はなるべく少なくするのがマナーです。これは、ご遺族が香典を確認する際、お札の枚数が数えやすいようにという配慮から来ています。全員から集めた千円札をそのまま香典として包むのは避け、大きなお札に両替してから包みましょう。

全員が同じ額を包む

香典を連名で出す場合、全員が同じ金額を包むのがマナーです。ひとりだけ香典を多く出したり、反対に少ない金額を出したりするのは、マナー違反になります。香典を連名で出した他の人から「常識がない」と思われてしまう恐れもあるため、きちんと事前に話し合って全員の金額を合わせておきましょう。

縁起の悪い数字や偶数は避ける

合計金額からひとり当たりの金額を決めるのではなく、ひとりずつの金額を合計して香典を包む際は、金額の数字に注意しましょう。お通夜や葬儀では、死や苦しみを連想させる4と9の数字は避けるべきとされています。代表者として香典をまとめる方は、香典の合計金額が4千円や9千円などにならないよう、十分注意してください。

また、1万4千円といったように、端数が4や9になるのもマナー違反にあたるため、配慮が必要です。

香典を連名で出す場合の渡し方

香典を連名で包んだ際、受付での香典の渡し方にはさまざまなマナーがあります。個人で香典を渡す場合とは異なるマナーもあるため、事前に確認しておくと安心です。

代表者が参列して渡す

香典を連名で出す場合は、代表者のみがお通夜や葬儀に参列して香典を渡すことになります。芳名帳への記帳も代表者のみが行います。

袱紗で持参して渡す

個人で香典を出すときと同様、香典袋は袱紗(ふくさ)に包んで持参するのがマナーです。袱紗に香典を包んでおかないと、香典袋が破損したり汚れたりする恐れがあります。破損や汚れのある香典袋を渡すのは、故人にもご遺族にも失礼になるため注意しましょう。また、お通夜や葬儀などの弔事では、灰色やグレー、紫色などの寒色系の袱紗を用いるのがマナーです。

お悔やみの言葉を述べながら渡す

香典を受付で渡す際には、お悔やみの言葉を述べるようにしましょう。受付が混み合っていたり、葬儀やお通夜開始時刻まで時間がなかったりする場合があるため、長い挨拶をする必要はありません。「この度はご愁傷さまでした」と簡単に述べ、袱紗の上に香典袋を乗せて受付係に渡しましょう。

直接渡せない場合は郵送する

遠方に住んでいたり、突然の訃報でどうしても葬儀やお通夜に参列できなかったりする場合は、香典を郵送することをおすすめします。香典は現金のため普通郵便では送らず、現金書留で郵送してください。

また、香典に挨拶状やお悔やみの言葉を書いた手紙などを同封すると、より丁寧な印象になります。手紙では忌み言葉や重ね言葉は使わないようにし、便箋1枚に簡潔にまとめてください。香典の名前の書き方や金額については先述と同様です。

香典を連名で出す場合のマナー

香典の金額の決め方や渡し方の他にも、守るべきマナーがいくつかあります。きちんと香典に関するマナーを把握していないと、ご遺族の負担になってしまう恐れがあるため注意が必要です。ここからは香典を連名で出す場合のマナーを解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

香典を出した人の名前や住所を同封する

香典を連名で包んだ場合は、香典を出した人の名前や住所を書いた紙を同封するのがマナーです。基本的にご遺族は、香典を包んでくれた相手には、金額に合わせた香典返しを送らなくてはいけません。香典を出した人の名前や住所が書かれていないと、ご遺族はどこに香典返しを送ればよいのか分からず迷ってしまいます。ご遺族の負担にならないためにも、きちんと全員分の名前と住所を書くように心がけ、包んだ金額も明記しておきましょう。

香典返しを辞退することも考える

香典を連名で包む際は、香典返しを辞退することも考えましょう。香典返しには、ひとり当たり2〜3千円相当の品物が用意されます。香典を出す人数が多く、かつひとり当たりが包む金額が香典返しよりも低額だった場合、香典と香典返しの金額に差が出てしまい、ご遺族の負担になる恐れがあります。

ご遺族が多数の香典返しを準備することにもなるため、ひとり当たりの金額が少ない場合は、香典返しを辞退することをおすすめします。香典返しを辞退する場合は、白い便箋や中袋などに「香典返しは辞退させていただきたくお願い申し上げます」「香典返しのお気遣いはご無用にお願い申し上げます」と記載しましょう。

全員が参列する場合は連名を避ける

香典を連名で出す予定の人が全員お通夜や葬儀に参列する場合は、連名を避けるのがマナーです。お通夜や葬儀に参列した場合、法要が終わった後に香典返しをいただくことが通例となっています。

この香典返しには3千円相当のものが準備されるため、ひとり当たりの金額が少ない場合、ご遺族の負担になってしまうためです。全員が参列する場合は連名にはせず、参列者が個人で香典を準備するようにしましょう。

連名で香典を出す際は、状況に応じてマナーを確認しましょう

この記事のまとめ

  • 香典は連名で出しても問題ない
  • 夫婦連名で香典を出す場合は、夫のフルネームと妻の下の名前を書く
  • 妻が夫の代理で参列する場合、香典には妻の名前は書かず、夫の名前のみを書いて左下に「内」と記入する
  • 3名以下の団体では、全員の名前を香典袋に記載する
  • 4名以上の連名の場合は、団体名と「一同」と書くか、代表者名と「他◯名」と記入する
  • 香典を包む際はお札の枚数をなるべく少なくするのがマナー
  • 全員が同じ額の香典を包み、縁起の悪い数字や偶数にならないよう注意する
  • 連名で香典を出す場合は、代表者のみが参列して渡す
  • 連名で香典を出す場合、香典を出した全員の名前や住所を同封する
  • 出した金額によっては、香典返しを辞退するケースもある

香典は個人で渡すことが多いものですが、家族や団体として連名で出すことも可能です。香典を出す人数や状況によって、名前の書き方が異なるため前もって確認しておきましょう。今回紹介した香典の渡し方や金額の相場、マナーなども参考にして、香典を連名で用意しましょう。 

SHARE この記事をSNSでシェアする