閉じる メニュー
葬儀を知る

初七日法要のお布施の相場とマナーまとめ。適切な金額と書き方・包み方・渡し方は?

初七日法要のお布施の相場とマナーまとめ。適切な金額と書き方・包み方・渡し方は?

初七日法要では、儀式を執り行った僧侶にお布施を渡すことになっています。その際に失礼のないよう、気をつけるべきマナーや初七日法要のお布施の相場について、本記事で解説していきます。お布施の書き方や渡し方に不安がある方も合わせて確認していきましょう。

初七日法要とは?

初七日法要とは、故人が亡くなってから七日目に行われる法要のことです。仏教では、人は命日から四十九日後に生まれ変わるとされており、七日ごとに供養を行う習慣があります。このうち、最初の七日目に行われるのが「初七日法要」であり、一つの節目として考えられています。

初七日は故人が三途の川に辿り着き、川の渡り方が決められる日だとされています。故人の生前の行いがよい場合は、金銀七宝で飾られた橋を渡ります。少し悪い行いをした場合は流れが緩やかな「山水瀬」と呼ばれる浅瀬を、悪い行いをした人は流れが強い「強深瀬」を渡らされることになると言われています。

初七日法要は故人が無事に三途の川を渡り終えられるよう、遺族が故人の無事を祈るという意味合いがあるのです。ただし、浄土真宗では「故人は亡くなってすぐ極楽浄土に行ける」という考え方なので、初七日法要は故人に感謝を伝える場だとされています。

初七日法要のお布施の相場

初七日法要では僧侶にお布施を渡すのがマナーです。しかし、僧侶に適切な金額を尋ねても「お布施はお気持ちで結構です」と言われることが多く、どの程度の額を包むべきか迷う方も多いです。そこでここからは、初七日法要のお布施の相場について解説していきます。

明確な決まりはない

お布施は、法要を執り行ってくれた僧侶に対して遺族が渡す「感謝の気持ち」です。そのため「〇〇円以上は出さないといけない」「〇〇円包むべき」など、明確に金額が決まっているわけではありません。

3〜5万円程度が相場

お布施の金額に明確な決まりはありませんが、金額の相場はあります。一般的に初七日法要を行った場合のお布施は、3〜5万円ほどが相場だとされています。どのくらいの金額を準備したらよいか迷ったら、この金額を目安にするとよいでしょう。

ただし、お布施の相場は、法要を執り行ってもらうお寺との付き合いの深さや住んでいる地域によって変わることがあります。お布施が3〜5万円ほどで問題ないか不安になった際は、親戚の人や近隣に住んでいる方、葬儀社のスタッフなどその地域の方に相談してみるのもおすすめです。

葬儀とは別に用意する

初七日法要のお布施は、葬儀のお布施とは別に用意するのがマナーです。基本的に初七日法要は葬儀とは別の日程で行われるものですが、近年は初七日法要が繰り込まれた形式の葬儀もあります。この場合、葬儀と同じ日に初七日法要も済ませることになりますが、葬儀とは別にお布施を用意するのが一般的です。ただし、地域によっては葬儀と初七日法要のお布施をまとめて渡すこともあるので、住んでいる地域の慣習に合わせましょう。

宗派によって相場が異なる

初七日法要で包むべき金額は、宗派によって異なります。また初七日法要のみ執り行う場合と、葬儀と合わせて行う場合でも、お布施の相場は大きく変わります。

真言宗

真言宗とは仏教宗派の一つで、弘法大師空海を開祖とする宗教です。真言宗にはたくさんの宗派があり、それぞれで唱える言葉や儀式などが異なるため、喪主の方はあらかじめ把握しておくことをおすすめします。

真言宗のお布施の目安
初七日法要のみ 3〜5万円程度
葬儀と合わせて執り行った場合 30万円以上
戒名のお布施を含む場合 50万円以上

曹洞宗

曹洞宗とは、「座禅」が教えの拠り所になっている宗派です。曹洞宗では、亡くなった後に仏の弟子になって修行を積むと教えられており、葬儀は「仏門の弟子になるための儀式」ともされています。

曹洞宗のお布施の目安
初七日法要のみ 3〜5万円程度
葬儀と合わせて執り行った場合 30〜60万円程度
戒名のお布施を含む場合 戒名のランクによっては100万円以上

日蓮宗

日蓮宗とは、鎌倉時代に「日蓮大聖人」によって説かれた宗派です。日蓮宗では、「南無妙法蓮華」という言葉を何度も唱えることが最も大切な修行とされています。そのため日蓮宗の葬儀では、繰り返し「南無妙法蓮華」と唱えるというのが特徴です。

日蓮宗のお布施の目安
初七日法要のみ 3~5万円程度
葬儀と合わせて執り行った場合 約30万円
戒名のお布施を含む場合 約50万円

浄土宗

浄土宗とは日本仏教の宗旨であり、法然を宗祖とする宗派です。「南無阿弥陀仏」という言葉を声に出して唱えることで、極楽浄土に導かれるといった教えが特徴です。

浄土宗のお布施の目安
初七日法要のみ 3〜5万円程度
葬儀と合わせて執り行った場合 30〜50万円程度
戒名のお布施を含む場合 約50万円

浄土真宗

浄土真宗とは、浄土宗を説いた法然の弟子である親鸞を宗祖とする宗派です。浄土真宗では、「南無阿弥陀仏と唱えなくても、阿弥陀仏を信じるだけで極楽浄土に行ける」と教えられています。亡くなった後はすぐに極楽浄土に導かれるとされているため、他の宗派とは初七日法要の意味合いが異なります。

浄土真宗のお布施の目安
初七日法要のみ 3〜5万円程度
葬儀と合わせて執り行った場合 約20万円
戒名のお布施を含む場合 約50万円

初七日法要のお布施以外にかかるお金

初七日法要では、お布施以外にも僧侶に渡すべきお金があります。僧侶に対して失礼のないよう、どのようなお金がかかるのか把握しておきましょう。

お車代

お車代とは、僧侶に対して渡す交通費のことです。ひと昔前までは、法要を執り行ってくれる僧侶をお寺まで迎えに行くことが多かったようです。近年では、一般的に僧侶自身で会場に出向くことが多いため、移動にかかった費用を「お車代」として準備するようになっています。

お車代は、法要を行う会場とお寺の距離に見合った金額を準備してください。相場は5千円〜1万円ほどですが、距離に対して適切な金額であれば目安より多くても少なくても問題ありません。

御膳料

初七日法要では、僧侶や参列者に対して感謝の気持ちを伝えるため、「御斎」と呼ばれる食事を振る舞います。この際、僧侶が御斎を辞退した場合に渡すのが御膳料です。

御膳料には、準備した御斎の同額の料金を包むのがマナーだとされています。一般的に御斎の相場は5千円〜1万円ほどなので、御膳料もこの金額を目安に準備するのがおすすめです。

初七日法要のお布施の書き方

ここからは、初七日法要のお布施の書き方を解説していきます。表書きや名前の書き方などに自信がない方は、事前に確認しておくことをおすすめします。

黒墨のペンで書く

初七日法要のお布施の袋は、黒墨の筆やペンで書きましょう。お通夜や葬儀などの香典では、悲しみを表すために薄墨を使って書くのがマナーです。しかし、お布施は故人に対する悲しみではなく僧侶に対する感謝を表現したものであり、薄墨を使うのはマナー違反なので、必ず黒墨ではっきり書くようにしてください。

表書き

初七日法要のお布施を渡す際は、封筒や奉書紙に「表書き」を書かなくてはいけません。黒い筆ペンや筆を使い、封筒または奉書紙の中央上部に縦書きで「御布施」と記入してください。すでに「御布施」と印刷されている市販のお布施袋を使うのもよいでしょう。

中袋

中袋とは、お布施のお札を包むための袋のことです。中袋の表中央には、包んだお布施の金額を記入します。中袋の裏面には郵便番号、住所、氏名、電話番号の四つの項目を記載します。中袋も表書きと同様に筆や筆ペンを使うのが基本ですが、筆の扱いに慣れていない方もいるでしょう。中袋は見やすさが重視されるので、筆文字に慣れていない方はボールペンで書いても問題ありません。

金額の書き方

中袋に書くお布施の金額には、「1、2、3」などの算用数字ではなく、「壱、弐、参」などの旧字体を使います。金額の頭には「金〜」、末には「〜圓也」をつけるのもマナーです。そのため、仮に3万円を包んだ場合は「金参萬圓也」と表記します。

名前の書き方

施主の名前や家名を書く

袋の表書きの下部には、施主の名前や家の名前を記載します。法要を行った家名を記入する場合は、「〇〇家」と書きます。この場合、袋の裏面に施主のフルネームを書く必要があるので気をつけましょう。

家の名前ではなく、喪主や施主の名前を表面に書くこともあります。表面に喪主や施主の名前をフルネームで書く場合、裏面には名前を書きません。ただし、法要を執り行った僧侶と初めて知り合った場合は、袋の裏面に電話番号と住所を書く配慮が必要です。

表面にフルネームではなく、名字だけを書くケースもよく見られます。この場合は「〇〇家」と書いたときと同様に、袋の裏面に喪主や施主のフルネームと住所を書きましょう。

お布施を複数で出した場合

お布施を複数人で出した場合、人数によって名前の書き方が変わります。3人までの人数であれば、五十音順か立場が高い順に、右からお布施を出した人のフルネームを書くのが基本です。4人以上でお布施を出した場合は、右側に代表者のフルネーム、左隣に「外一同」と書きます。この場合、お布施を出した人のフルネームが書かれた目録をお布施に同封するのがマナーです。

初七日法要のお布施の包み方

ここからは、初七日法要のお布施の渡し方について紹介します。包み方で困ったり、僧侶に対して失礼のないよう、以下の四つのポイントはしっかり押さえておきましょう。

奉書紙や白い封筒に包む

初七日法要のお布施は、奉書紙と呼ばれる専用の紙や白い封筒に包むのがマナーです。一般的な茶封筒にお布施を包むのはマナー違反なので、注意してください。

奉書紙の包み方

奉書紙にお布施を包む場合、まずお札を包むための中包みを半紙で作ります。半紙のツルツルとした手触りの方に文字を書くので、お札はザラザラとした面に置いて包みましょう。中包みにお札を入れたら、その後、奉書紙で包みます。

半紙を使ったお札の包み方

  1. ザラザラとした手触りの方を上に向け、半紙を右側に傾けて斜めにします。
  2. 半紙の中心にお札を置きます。
  3. 半紙の右下を上に向かって、左上を下に向かって谷折りします。このとき、折った場所がお札に対して垂直になるようにします。
  4. お札に対して左側の部分を、右方向に向かって2回折ります。
  5. 真ん中にある半紙に、右側部分を巻き付けるようにして折り込みます。
  6. はみ出した部分を後ろに折って、完成です。

中包みを奉書紙で包む手順

  1. 奉書紙を縦に置きます。
  2. 奉書紙の中心よりも少し左側の部分に、中包みを置きます。
  3. 奉書紙の左側から、中包みを包み込むように谷折りします。
  4. 次は右側を谷折りし、中包みを包むように折ります。
  5. 次に下側を谷折りし、最後に上側を谷折りすれば完成です。

白封筒の包み方

白封筒にお布施を包むときは、郵便番号などが書かれていない無地のものを選ぶようにしてください。「御布施」「お布施」と印刷されている封筒を選んでもよいです。二重の白封筒は不幸が続くことを連想させてしまうため、中袋は使いません。白封筒に直接お札を入れましょう。

新札を用意する

初七日法要のお布施に包むお札は僧侶に対する謝礼なので、なるべく新札を用意するのがマナーです。お通夜や葬儀などの香典では「不幸を予想していた」と思われないよう、折り目のついたお札を使います。どうしても新札が用意できなかった場合は、なるべく折り目がついていない綺麗なお札を包むようにしましょう。

慶事の包み方で包む

初七日法要は弔事に当たりますが、お布施は慶事の包み方で包むのがマナーです。お札は上向きに揃えて、肖像画が印刷されている方を表にして奉書紙や白封筒に入れましょう。

4・9の数字は避ける

初七日法要のお布施では、忌事を連想させる数字を避けるのが一般的です。「4(死)」や「9(苦しみ)」などの数字を避けて、お布施の金額を決めるようにしましょう。結婚式のご祝儀や葬儀の香典では、割り切れる偶数は「別れをイメージさせる」とされ、避けるべきとされていますが、初七日法要のお布施では、偶数でも問題ありません。

初七日法要のお布施の渡し方

お布施の書き方や包み方だけでなく、渡し方にもマナーがあります。ここからは、僧侶に初七日法要のお布施を渡すときのマナーについて紹介していきます。

僧侶へお布施を渡す方法と手順

お布施を僧侶に直接手渡しするのはマナー違反となります。僧侶にお布施を渡す際は、お盆か袱紗を使用します。

お盆に乗せて渡す場合

渡し方のマナーとして、お盆の上にお布施を乗せて渡す方法が適切です。ここで使うお盆とは、「祝儀盆」や「切手盆」と呼ばれる種類のお盆です。これらを持っていない場合は、落ち着いた色合いの家庭用のお盆で代用しても構わないとされています。

お盆を使ったお布施の渡し方

  1. お盆に、お布施の文字が自分から見て正面になるように置きます。
  2. お盆の右上と左下を持ち、時計回りにお盆を90度に回転させます。
  3. 手を持ち換え、もう一度お盆を90度に回し、僧侶から見て表書きが読めるようにします。
  4. 両手でお盆を持ち、お布施を差し出します。

お盆を床に置いて僧侶側に寄せるのはマナー違反なので、注意しましょう。

袱紗の上に置いて渡す場合

お盆を使わない場合は、袱紗を使ってお布施を渡すとよいでしょう。袱紗の上にお布施を置いて、僧侶の正面に表書きが来るように置いて渡します。袋にしわが入ったり、折れたりするのを防ぐため、お布施を持ち歩くときも袱紗を使うのがマナーです。

お布施を渡すときのマナー

お盆や袱紗を使用する以外にも、お布施を渡すときに意識したいマナーがいくつかあるので、合わせて確認しておきましょう。

渡すタイミングは法要前か法要後

お布施は法要の前か後のタイミングで渡します。初七日法要だけを執り行う場合は、儀式が終わったときや僧侶が帰り支度を始めたタイミングで渡すのがおすすめです。葬儀と初七日法要を合わせて執り行う場合、法要の後だとかなり慌ただしくなってしまう恐れがあるため、葬儀前に僧侶へ挨拶をするタイミングで、お布施も合わせて渡すのがベストです。

渡す際は一言添えて

初七日法要のお布施は僧侶への謝礼なので、お礼の気持ちを述べながら渡すのが作法です。特別な言い回しや挨拶などは必要ないので、以下のような言葉を添えましょう。

法要前にお布施を渡す場合

  • 本日はどうぞよろしくお願いいたします。
  • 本日の法要、お世話になります。

法要後にお布施を渡す場合

  • こちらをお納めください。
  • 本日はありがとうございました。

お布施とその他のお金は別で渡す

お布施の他にお車代や御膳料を渡す場合は、別々の袋に入れて渡すようにしましょう。お布施を一番上にしてお車代や御膳料を重ねて渡してください。お布施を包んだ袋の中にお車代や御膳料をまとめて入れるのは、マナー違反になります。

初七日法要でのお布施の相場やマナーを守って、僧侶に感謝を伝えましょう

この記事のまとめ

  • 初七日法要は、故人の無事を祈ったり、感謝を伝えたりする儀式
  • お布施の相場に明確な決まりはないが、3〜5万円ほどを包む
  • 初七日法要では、お車代や御膳料が必要になることも
  • お布施は黒墨のペンで書くのがマナー
  • 一般的な茶封筒は使わず、奉書紙や白封筒に包む
  • 新札を用意し、慶事の包み方で包む
  • お盆や袱紗の上にお布施を置いて渡すのがマナー
  • お布施とお車代、御膳料は別々に渡す

初七日法要のお布施の金額は、宗派や住んでいる地域、葬儀と一緒に執り行うかどうか、などで異なります。お布施の金額が適切でないと、僧侶に対して失礼になってしまうので注意が必要です。今回紹介したお布施の相場やマナーなどを守ったうえで、僧侶に感謝の気持ちを伝えましょう。

SHARE この記事をSNSでシェアする