閉じる メニュー
葬儀のあと

一周忌の香典完全ガイド|包む金額の相場、香典袋の書き方などのマナーを解説

一周忌の香典完全ガイド|包む金額の相場、香典袋の書き方などのマナーを解説

一周忌に初めて参列する場合、包むべき金額の相場や香典の書き方などが分からず、困ってしまうこともあるでしょう。そこで本記事では、一周忌の香典に関するマナーを詳しく解説します。基本的なマナーや、一周忌に参列できない場合の対処法なども紹介しているため、参考にしてください。

一周忌でも香典を準備した方がよい?

お通夜葬儀などで既に香典を渡している場合、一周忌でも香典を渡すべきか疑問に感じる方もいるでしょう。香典には、故人の死を慎み、ご遺族を金銭的に助けるという意味があります。そのため、一周忌に参列する際も香典を準備するのがマナーです。香典の相場や包み方といった細かいマナーを守り、ご遺族への心遣いを表しましょう。

一周忌の香典の相場

初めて一周忌の法要に参列する際、いくら香典を包むべきか迷うものです。一周忌の香典の相場は、故人との関係、あなたの年齢、会食の有無によって異なります。

故人との関係性で相場が変わる

まずは、故人との関係性から香典相場について紹介します。一般的に、故人との関係が深いほど包む金額が増える傾向にあります。

両親

両親は最も近い関係であるため、包む金額が多くなる傾向にあります。両親の一周忌では、1〜5万円ほどを目安に香典を包みましょう。ただし、あなたが両親の扶養に入っている場合や学生の場合は、香典を包まないのが一般的です。

兄弟姉妹

兄弟姉妹は、両親に次いで近しい関係となります。一周忌の香典相場は、両親と同じく1〜5万円ほどです。他の兄弟がいる場合、事前に話し合いをして金額を合わせておくとよいでしょう。

祖父母

故人が祖父母の場合、相場は5千〜3万円程度となります。あなたが学生であったり両親の扶養に入っていたりする場合は、香典を包まないことが多いです。

親戚

故人が親戚の場合、相手との関係の深さによって相場が異なります。生前に何度も会っていたり親しかった場合は、5千〜3万円ほどを包むのが一般的です。ほとんど顔を合わせたことのない遠い親戚の一周忌であれば、3千〜1万円ほどが相場となります。

友人

友人の一周忌では、3千〜1万円ほどの香典を包むのが一般的です。生前に相手と非常に親しかったり長い付き合いだったりした場合は、1万円以上包むこともあります。

年齢によって相場が決まる

一周忌の香典は、年齢が上がるにつれて金額も増えていきます。例えば、両親への香典相場は1〜5万円ほどですが、あなたの年齢が50代以上で、社会的立場が高い場合は5万円以上を包むこともあります。そのため、年齢が高い方は少し多めに香典を包むとよいでしょう。

会食がある場合は金額を上乗せする

香典の相場は、一周忌法要の後に会食が行われるかによって異なります。会食が設けられている場合、香典に5千〜1万円ほど上乗せして包むのがマナーです。

一周忌の香典袋の書き方

一周忌の香典袋の名前や表書きの書き方には、さまざまなマナーがあります。マナーを間違えるとご遺族に対して失礼にあたるため、しっかりと確認しておきましょう。

濃い墨の筆ペンか毛筆で書く

一周忌の香典袋は、濃い墨の筆ペンか毛筆で書くようにしましょう。お通夜や葬儀の香典袋は、悲しみを表現するために薄墨で書きますが、一周忌で持参する香典袋は濃い墨で書くのがマナーです。これは、一周忌の香典は「故人へのお供え」と考えられており、悲しみを表現する必要がないためです。

表書き

香典の表書きとは、香典袋の表に書く文字のことです。故人の宗派や宗教によって書き方が異なるため、あらかじめ書く内容を確認しておくと安心です。

仏式

仏教では、四十九日の後に故人の魂が仏様になると考えられているため、一周忌の表書きでは「御仏前」が使われることが多いです。他にも、「御香典」「御香料」「御沸前」なども使用可能です。

神式

「一周忌」は仏教の儀式ですが、神道にも「一年祭」という一周忌法要にあたる儀式があります。神道では、「死後50日が経つと、故人は子孫を守る神様になる」と考えられており、この考えに基づいて神道の表書きでは「御神前」「玉串料」「御榊料(おんさかきりょう)」などが使用されます。

キリスト式

キリスト教でも、一周忌にあたる「追悼式」という儀式が行われます。キリスト教での表書きには「御花料」を使用するのが一般的で、これはプロテスタントでもカトリックでも使えます。また、プロテスタントでは「献花料」「忌慰料」を使用することもあります。一方、カトリックでは「御花料」のほかにも「御ミサ料」や「御霊前」などが使えますが、これはプロテスタントでは使用できないため注意が必要です。

「御霊前」は使わない

お通夜や葬儀では、どの宗派でも「御霊前」の香典袋を使えますが、一周忌では使用できません。これは、一周忌では故人の霊は既にこの世にはなく、仏様や神様になっていると考えられているためです。

名前

香典袋の表書きの下には名前を書きます。香典をひとりで用意するのか、それとも他の人と用意するのかによって書き方やマナーが異なるため、間違えないよう確認しておきましょう。

個人で用意する場合

個人で一周忌の香典を包む場合は、自分の氏名を記入します。香典を誰が出したのかご遺族の方が分かるよう、名字だけでなくフルネームで書きます。

夫婦で用意する場合

夫婦で一周忌の香典を包む場合は、初めに表書きの下の中央に夫のフルネームを書きます。次に、夫の名前の左側に妻の名前を記入してください。妻の名前はフルネームではなく、名字を省略して書くのがマナーです。

連名で用意する場合

連名で一周忌の香典を包む場合は、人数によって書き方が異なります。香典を包む人数が3名までであれば、表書きの下に全員の名前をフルネームで記入します。また、立場の上下がある場合は、最も立場が高い人の名前が右側に来るように、右から左へ名前を書きます。立場の上下がない際は、右から五十音順に名前を書くのが一般的です。

4人以上で一周忌の香典を包む場合は、全員の名前は書かずに代表者の名前を表書きの下に記載します。代表者のフルネームのみを中央に書き、左下に「外◯名」「外一同」と書きます。また、4人以上で香典を包む場合は、包んだ人の名前を別紙に書いて香典袋の中に入れましょう。

中袋

中袋とは、香典袋の内側にあるお金を直接包む封筒のことです。中袋には、包んだ金額や住所などを書きます。中袋の書き方にもマナーがあるため、以下の書き方を参考にしましょう。

金額

中袋の表面には、香典に包んだ金額を記入します。数字を書く際は「1、2」などの算用数字ではなく、「壱、弐」といった旧漢字を使用して縦書きで記入します。合計金額の前には「金」、後には「圓」と書くことも覚えておきましょう。例えば、香典に5千円を包んだ場合は「金伍阡圓」、3万円を包んだ場合は「金参萬圓」と書きます。

住所

中袋の裏面には、香典を包んだ人の住所を書きます。ご遺族が中袋に書かれている内容を確認するため、省略せずに読みやすい字で書くようにしましょう。通常、香典袋は筆ペンか毛筆で書きますが、中袋は小さいため慣れていないと字が潰れてしまうこともあります。そのため、筆ペンや毛筆ではなく黒のボールペンで書いても構いません。

一周忌の香典の包み方

ここからは、一周忌の香典の包み方を解説します。お札を香典袋に入れる包み方にもマナーや気を付けるべき点があるため、ご遺族に対して失礼にならないよう確認しておきましょう。

肖像画が表になるように入れる

一周忌の香典では、お札の肖像画が表になるように包むのがマナーです。一周忌はお通夜や葬儀とは異なり、ご遺族にお札の向きで悲しみを伝える必要はありません。一周忌の香典は「故人へのお供え」「ご遺族への心遣い」という意味合いが強いため、お札の肖像画を中袋の表に向くようにして入れましょう。また、お札の上下に関しては人物が封筒の下にくるように包み、お札の顔の向きを揃えるのがマナーです。

お札の枚数は最小限にする

香典を包む際は、入れるお札の枚数を最小限にするのがマナーです。例えば、5千円を包む場合は千円札を5枚用意するのではなく、5千円札を1枚入れるようにしましょう。お札の枚数をなるべく少なくすることで、ご遺族が香典を数える際の手間を省き、金額を分かりやすくするという意図があります。

また、お札の枚数を2や6といった割り切れる数にするのは、「故人との縁が切れる」ことを連想させるため避けましょう。もし、お札を最小限にした際に枚数が偶数になってしまう場合は、お札を増やして奇数になるよう調節しましょう。

4・9の数字は避ける

一周忌の香典を包む際は、4・9の数字を避けるようにしてください。4は「死」、9は「苦」を連想させる数字であるため、この二つの数字に関係する金額を避けるのがマナーです。相場の範囲内であっても、4と9に関連する数字は包まないよう注意しましょう。

シワの多いお札は避ける

一周忌の香典には、シワの多いお札を包まないようにしましょう。一周忌の香典は「故人への供養」「お供え物」という意味があるため、シワだらけのお札を包むのは失礼にあたります。また、新札に抵抗を感じる方もいるため、縦か横に少し折り目のついたお札を入れるのがおすすめです。

一周忌の香典の渡し方

お通夜や葬儀では受付係に香典を渡すのが一般的ですが、一周忌の香典は法要の施主に直接渡します。香典を渡す際はしっかりと下記のマナーを守りましょう。

袱紗(ふくさ)に入れて持参する

他の法事と同様、一周忌の香典は袱紗に入れて持参するのがマナーです。一周忌の法事で使用する袱紗は、灰色や紺色、紫などの弔事用のものを選びましょう。包み方は、お祝い事に使われる右包みではなく、弔事用の左包みにします。袱紗を忘れたときや準備できなかった場合は、風呂敷やハンカチで代用しても構いません。

施主に渡す

お通夜や葬儀とは違い、一周忌の法事では施主に香典を渡します。会場に到着したら、袱紗から香典を取り出して施主に渡しましょう。片手で香典を渡すのは失礼にあたるため、必ず香典袋に両手を添えて渡すのがマナーです。また、香典袋に書かれている表書きの文字が相手から読めるよう、香典袋の向きや裏表を確認して渡しましょう。

一言添えながら渡す

香典を手渡す際に一言添えるのも、大切なマナーです。「心ばかりではありますが、どうぞお供えください」と、きちんと言葉を添えて香典を渡しましょう。

一周忌の香典袋の選び方

一周忌の香典を包む香典袋は、どのようなものを選ぶべきなのでしょうか。ここからは、一周忌の香典袋を選ぶ際のポイントについて解説していきます。

結び切りの水引のものを選ぶ

一周忌の香典袋には、結び切りの水引が使用されているものを選びます。結び切りは一度結ぶと解けない結び方であるため、「弔事を繰り返さない」という意味合いから結び切りの水引の香典袋を選ぶのがマナーです。

故人の宗派に合わせてデザインを選ぶ

故人の宗教・宗派によって、香典袋は異なります。そのため、一周忌に参列する前に故人の宗派を確認しておくと安心です。

仏式・神式

仏式での一周忌の法要では、蓮の花がデザインされた香典袋もしくは無地のものを使用します。蓮の花が大きく描かれているものは、表書きの文字に被ってしまう場合がありますが、特に問題はありません。また、無地の香典袋は、仏式だけでなく宗教を問わず使用可能です。そのため、故人の宗教が分からない場合は無地の香典袋を購入するとよいでしょう。

神式の一周忌の法要では、無地の香典袋が使われます。蓮の花が描かれているものや、百合の花がデザインされた香典袋などは使えないため、選ぶ際は注意が必要です。

キリスト式

キリスト式の法要では、百合の花や十字架がデザインされた香典袋を使用します。カトリックやプロテスタントなど、宗派による違いはありません。また、無地の香典袋は使えますが、蓮の花が描かれているものはマナー違反になるため注意が必要です。

包む金額に合わせて袋の種類を選ぶ

包む金額によって、香典袋の種類を使い分けるようにしましょう。金額にそぐわない香典袋を使うのはマナー違反となり、ご遺族に対して失礼にあたるため避けてください。

香典袋の種類の選び方
3〜5千円ほどを包む場合 水引が印刷されている、簡易的な香典袋
1〜3万円ほどを包む場合 黒白の水引がかかった香典袋
3〜5万円ほどを包む場合 双銀の水引がかかっている香典袋
5〜10万円ほどを包む場合 大判サイズで、双銀の水引がかかっている香典袋

一周忌に参列できない場合の香典のマナー

遠方であったりどうしても外せない予定があったりと、一周忌に参列できない場合もあるでしょう。この場合は、香典を郵送するのがマナーです。

香典を現金書留で送る

香典を郵送する場合は、現金書留を利用します。普通郵便で現金を郵送することは法律で禁止されており、中身が現金だと分かると差出人に返却されることがあるため、必ず現金書留で送りましょう。

現金書留用の封筒のサイズは2種類ありますが、香典袋が入る大きさのものを選んでください。また、現金書留の封筒に住所や氏名を書くからといって、香典袋の表書きや中袋に書く氏名を省略するのはマナー違反です。

手紙を同封する

香典を郵送する場合、手紙も合わせて添えることをおすすめします。手紙には、一周忌に参列できなかったお詫びと、故人への供養の気持ち、ご遺族への労わりなどを綴りましょう。手紙は長くなりすぎないよう、1枚ほどにまとめてください。

また、手紙には重ね言葉と忌み言葉を使わないように注意しましょう。この二つの言葉は「不幸が起こること」「別れが繰り返されること」を連想させるため、一周忌などの弔事では使えません。重ね言葉と忌み言葉の例を以下にまとめました。

重ね言葉

  • いろいろ
  • くれぐれも
  • 重ね重ね
  • たびたび
  • たまたま
  • もう一度
  • ますます
  • 次々
  • 日々

忌み言葉

  • 忙しい
  • 去る
  • 亡くなる
  • 失う
  • 終わる
  • 別れる
  • 最後
  • 消える
  • 悲しむ
  • 去年
  • 切る

一周忌の香典に関するマナーを押さえて故人を偲びましょう

この記事のまとめ

  • 一周忌でも香典を用意する
  • 香典の相場は故人との関係・あなたの年齢・会食の有無で変わる
  • 香典は濃い墨の筆ペンか毛筆で書く
  • 表書きの書き方は宗派によって異なり、「御霊前」は使えない
  • 中袋には包んだ金額と住所を書く
  • お札の肖像画が表になるように包む
  • お札の枚数は最小限にして、4・9の数字は避ける
  • 香典袋の種類は、故人の宗派・包む金額に合わせて選ぶ
  • 結び切りの水引が使われた香典袋を選ぶ
  • 一周忌に参列できない場合は、香典と手紙を現金書留で送る

一周忌の香典には「故人への供養」「ご遺族への配慮の気持ち」といった意味合いがあり、細かくマナーが決まっています。お通夜や葬儀とは異なるマナーもあるため、しっかりと確認しておくことが大切です。香典の金額や書き方、包み方など、今回紹介したことを参考にして故人を偲びましょう。 

SHARE この記事をSNSでシェアする