閉じる メニュー
葬儀を知る

葬儀に贈る「供花」とは?種類から手配方法、マナーまでまとめて確認しよう

葬儀に贈る「供花」とは?種類から手配方法、マナーまでまとめて確認しよう

葬儀において、会場に飾られる生花を「供花」と呼びます。供花には、宗教・宗派によって種類に違いがあり、手配の方法もさまざまです。そのため、葬儀社や関係者への事前確認が欠かせません。この記事では、供花を贈る際のマナーについて説明します。マナーを心得て、故人の冥福を祈るのに相応しい供花を贈りましょう。

葬儀に贈る「供花」とは?

葬儀に参列した際、祭壇に生花が供えられているのを見たことがあると思います。このような生花は、「供花」と呼ばれています。まず、供花とは一体どのようなものなのか、その意味と形式について詳しく確認していきましょう。

「供花」の意味

「供花」とは故人の冥福を祈って贈られる生花を意味し、「きょうか」または「くげ」という読み方をします。故人の訃報に際して贈るもので、親族や故人と深く親交のあった方から贈られるケースが多いです。

また、遠方に住んでいたり、都合が合わず葬儀に参列できない方は、供花を手配して弔意を伝えるとよいでしょう。さらに、ご遺族から香典辞退の申し出があった場合、代わりに供花を贈るのも弔意を表す方法のひとつです。

「供花」の特徴

供花には贈り主が分かるように札名が付いており、葬儀会場の祭壇付近に配置されます。祭壇を挟むようにして関係の深い方から順に供花を並べるのが一般的です。ご遺族や参列者にとっては、供花を眺めることで生前の故人を偲ぶ時間を過ごせるでしょう。

「枕花」や「花輪」との違い

葬儀では、供花の他にも花を飾るシーンがあります。例えば「枕花(まくらばな)」は、故人の枕元に供えられる花のことです。こちらは故人の自宅などに花を送り、お通夜が始まるまで飾られるという点で、供花とは異なります。

また、「花輪(はなわ)」も故人を偲ぶ証として、お通夜と告別式の際に飾られるものです。花輪は造花で作られたものが多く、サイズが大きいことから基本的に葬儀会場の外側に設置されます。「枕花」と「花輪」は、祭壇周りでご遺族と参列者の目に触れる「供花」とは別物だと考えましょう。

供花におけるタイプ

供花にはスタンドに花を挿して飾るものや、花籠に生けてアレンジしたものなどさまざまなタイプがあります。故人の宗教・宗派や葬儀会場の雰囲気に配慮し、葬儀にふさわしい供花を手配するように心がけてください。

供花のタイプ

特徴

フラワースタンド

スタンドに花を飾り付けるタイプ。

高さがあり、会場規模が大きいところに適している。

花籠

籠(バスケット)に花を生けるタイプ。

会場規模に関わらず、設置しやすい。

宗教・宗派別の「供花」の種類

供花は誰もができる供養ですが、宗教・宗派によって花の種類やタイプが異なる点に注意しなければなりません。ここでは、仏教・神道・キリスト教に分けて供花の種類を解説します。故人の宗教・宗派を尊重し、正しいルールに則って供花を選びましょう。

仏教

仏教では、白を基調とした供花が多く見受けられます。よく使われるのは菊や百合、蘭などの生花で、全体的に落ち着いた雰囲気です。また、毒性のある花や匂いの強い花は仏事に不向きだとして避けられます。

しかし、関西地方では、実に強い毒をもつ樒(しきみ)に邪気払いの効果があるとして、供花に使用する習慣もあるようです。このように、供花の種類には宗教だけではなく地域によっても違いがある点に注意してください。

神道

神道における供花の種類は、基本的に仏教と同じです。菊やカーネーション、百合、カスミソウなどを使用し、白い花を中心にまとめます。昔は榊(さかき)を贈る習慣がありましたが、現在では生花を供える様式が主流です。

また、神道では花以外にも塩やお米、旬の食べ物を神饌 (しんせん)としてお供えすることもあります。神道と仏教の供花にはあまり違いがありませんが、マナーに気をつけて供花を贈るようにしましょう。

キリスト教

キリスト教の供花には、宗教上の特徴や決まりがあるため注意しましょう。花には生花を用い、百合やカーネーションなどの洋花がメインとなります。白い菊を使用しない点が、仏教・神道の供花との違いです。

また、キリスト教ではスタンドタイプの供花ではなく、フラワーアレンジメントを施した花籠を贈ります。このとき、贈り主の札名はつけないようにしてください。そして、供花は葬儀の行われる教会ではなく、故人の自宅宛てに贈るのが通例です。

さらに、キリスト教の葬儀では、仏教におけるお焼香の代わりとして「献花」が行われます。献花とは、祭壇や献花台に生花を1本ずつ供える儀式であり、供花とは異なる点に留意しましょう。

「供花」を贈るタイミング

供花は故人への供養であり、ご遺族に対する気遣いでもあります。そのため、供花を贈る際は故人とご遺族の双方に失礼のないようにしたいものです。では、供花をいつ頃までに葬儀会場へ届ければ問題ないのでしょうか?

まず、供花は葬儀会場の祭壇に飾る物であるため、なるべくお通夜に間に合わせることが重要です。お通夜と告別式を2日間かけて行う葬儀では、お通夜の前日までに依頼しておくのがよいでしょう。また、1日で葬儀から火葬まで執り行われる一日葬では、葬儀の2日前を目処として依頼します。

どうしても供花の用意が遅れてしまう場合は、事前に葬儀会場や葬儀会社に連絡し、受け付けてもらえるかどうか確認しましょう。遅くともお通夜が始まる3~4時間前を期限として、供花を用意することが大切です。

もし、葬儀までに供花を贈れなかった場合は、故人宅に花を届けて祭壇に供えてもらうことが可能です。この場合、マナーとして初七日法要から四十九日法要が終わるまでの期間に贈るようにしてください。

「供花」を手配する方法

贈るタイミングが分かったところで、ここからは供花を手配するための三つの方法を解説します。どの方法においても、「①故人の宗教・宗派に適した種類を選び、お通夜に間に合うよう手配する」「②親族や会社、友人などで取りまとめるケースも想定されるため、事前に関係者の了承を得る」といった点を意識するようにしましょう。

葬儀会場や葬儀社に依頼する方法

供花を手配する方法のひとつが、葬儀会場や葬儀社への依頼です。この場合、該当の葬儀が行われるか確認した上で、供花を贈る意思を伝えます。供花のプランが用意されているため、予算やできあがりのイメージで選ぶとよいでしょう。また、供花の札名に記入する情報や、料金の支払方法も併せて相談してください。

葬儀会場や葬儀社であれば、急な依頼であっても柔軟に対応してもらえるかもしれません。さらに、祭壇や故人の宗教・宗派に合った供花を準備してもらえる点が、大きなメリットです。

東京博善でのお葬式はバナーをクリック↓

「24時間365日」「通話無料」
0120-679-159

花屋に依頼する方法

供花の手配を花屋に依頼するのも、ひとつの方法です。花屋を利用することで、花の種類や色を自由に選べるメリットがあります。特に、故人の好みが分かっている場合は、供花のアレンジに反映できるでしょう。

しかし、外部からの供花を受け付けていない葬儀社もある点に注意しなければなりません。せっかく用意した供花が断られてしまわないように、葬儀社に事前確認をしてください。また、葬儀社に依頼する場合とは異なり、自分自身で故人の宗教・宗派や葬儀会場の雰囲気に適した供花を手配する配慮も必要です。

インターネットで手配する方法

供花をインターネットのサービスで手配する方法もあります。インターネットのサービスでは供花の料金設定が明確で、予算を確認しやすいでしょう。また、花の種類や届ける場所、時間に至るまで細かく指定できるというメリットもあります。ただし、供花の手配にインターネットサービスを使う際には、葬儀社に連絡して受け入れてもらえるかどうかを必ず確かめておきましょう。

「供花」の札名の書き方

供花には、贈り主の個人名や会社名が記載されています。また、親族や友人、夫婦など連名で供花を贈る場合、書き方のマナーがあることに注意が必要です。ここからは、供花の札名の書き方について説明します。

親族が贈る場合

親族で一緒に供花を贈る際は、故人との間柄に「一同」と付け加えて札名に記載します。例えば、「〇〇家一同」や「兄弟一同」といった形です。まとめる人数が少ない場合、年齢が上の人から個人名を書いていくこともあります。

会社として贈る場合

会社として故人へ供花を贈る場合、正式な会社名はもちろん、部署・役職の名前まできっちりと記載するように注意してください。会社の代表取締役からの供花であれば、「株式会社▲▲ 代表取締役 〇〇」となり、部署で供花を用意するのであれば「株式会社▲▲ 〇〇部一同」といった表記になります。また、会社で連名にする場合、肩書きが上の人を右から順に書くのがマナーです。

連名で贈る場合

友人同士で供花を贈る場合には、札名を「友人一同」として取りまとめましょう。有志の人数が少ないようであれば、連名にしても問題ありません。また、会社と違って序列がない場合は、五十音順で対応することも可能です。夫婦で供花を贈る際は、右から夫、妻の順で連名にするとよいでしょう。

「供花」を贈る際のマナー

タイミングや手配方法、札名の書き方など以外にも供花を贈る際に意識したいマナーがあるため、そちらも併せて確認していきましょう。

葬儀社や関係者に事前確認する

供花を贈るにあたって、葬儀社や故人の関係者に事前確認することが重要です。
先述の通り、花屋やインターネットサービスからの供花を受け付けない葬儀社もあるため、必ず問い合わせをしましょう。また、故人との関係性によって供花の並べ方が決まることから、自分がどのような間柄なのか正確に伝える必要があります。

ただし、ご遺族や故人の意向で供花を辞退されるケースも少なくありません。供花を贈っても問題がないか、近親者や葬儀社への確認を欠かさないでください。さらに、親族や会社、友人など複数名で供花を贈るパターンも多いため、関係者と連絡を取り合っておきましょう。個人の判断で動くよりも、周囲と連携する姿勢が大切です。

「供花」は早すぎず遅すぎず手配する

供花が早く届きすぎると、ご遺族側に「あらかじめ準備していた」という悪い印象を与えかねません。そのため、訃報を受けてから供花を手配するようにしてください。

ただし、供花の手配が遅れてしまうと葬儀会場や葬儀社に断られたり、ご遺族の迷惑になったりする恐れもあります。供花を贈る際は、タイミングを考えて迅速に手配しましょう。

宗教・宗派や葬儀会場の規模を確認する

上述したように、故人の宗教・宗派によって、供花で使用できる花の種類や形式が変わります。不適切な供花を手配してしまわないよう、事前に正しい情報を確認してください。

また、葬儀会場の規模もチェックすべきポイントです。規模の小さな会場では、供花の大きさや受付数に制限をかけている場合もあります。前もって葬儀会場や葬儀社に確認を取ってから、どのような供花を贈るか決めるとよいでしょう。

「供花」の相場

供花は一つを1基と数え、2基で1対という扱いになります。親族なら1対、会社関係や友人なら1基というように、贈る供花の数は故人との関係性によって変動します。

供花1基の相場は、7千円〜1万5千円程度となっています。したがって、1対では1万5千円~3万円程度が相場といえるでしょう。相場を大幅に超えるような供花を贈ると、ご遺族に気を遣わせてしまいかねません。相場感を踏まえ、遺族が供花を受け取りやすいような配慮が大切です。

「供花」に対するお礼

供花を贈ってもらった遺族は、どのようにして相手にお礼をすればよいのでしょうか?

香典と供花を受け取った場合、香典返しと併せて供花に対するお礼状を送りましょう。供花のみを贈られた場合は、お返しの品とお礼状を用意します。返礼品の相場は、供花の3分の1から半分程度と考えてください。どちらのパターンにしても、四十九日が明けてから供花のお礼を伝えるのが一般的な傾向です。

正しいマナーで「供花」を贈りましょう

この記事のまとめ

  • 「供花」とは故人の冥福を祈って贈られる生花
  • 供花の種類は宗教・宗派によって異なる
  • 供花は早すぎず遅すぎず、遅くともお通夜の3~4時間前までに届ける
  • 供花は葬儀会場や葬儀社、花屋、インターネットサービスで手配することが可能
  • 親族や会社など、贈り主によって札名の書き方に決まりがある
  • 供花を贈る際には、葬儀社や関係者への事前確認を欠かさない
  • 供花の相場は1対で1万5千円~3万円程度
  • 供花のお返しは返礼品とお礼状で対応する

供花は、故人の冥福を祈るという重要な意味を持っています。供花を贈ることで、故人だけではなくご遺族の慰めにもつながるでしょう。しかし、宗教・宗派や葬儀会場の情報、手配方法など事前に確認すべき点が多くあるため、マナーをきちんと理解した上で供花を贈りましょう。

SHARE この記事をSNSでシェアする