閉じる メニュー
葬儀のあと

家族のみで納骨式を行う場合のガイド|納骨の流れやマナー・注意点などを解説

家族のみで納骨式を行う場合のガイド|納骨の流れやマナー・注意点などを解説

お墓や納骨堂に遺骨を納める際、納骨式と呼ばれる儀式が執り行われます。納骨式には親戚や故人の友人を招くことが多いですが、家族のみで納骨式を行ってもよいのでしょうか?本記事では、仏教での家族のみで納骨式を行う際の流れやマナー、注意点を解説していきます。

家族のみで納骨式をしてもよい?

故人の遺骨をお墓納骨堂に納める際に行われる「納骨式」は、家族のみで執り行っても問題ありません。納骨式には「誰を呼ばなくてはいけない」といった決まりはなく、自由に参列者を決めてよいとされています。一般的には親戚や友人が参列することが多いですが、家族のみで納骨式を執り行うことも珍しくありません。

納骨の種類

納骨」と聞くとお墓に遺骨を納めることがイメージされがちですが、実は納骨にもさまざまな種類があります。まずは、納骨の種類や遺骨を納める場所について紹介します。

寺院墓地

最も一般的なのが、お寺のお墓に納骨する方法です。先祖代々のお墓がお寺にある方や、お墓を新たに建てる方は、お寺の僧侶に依頼して納骨します。納骨する際はその納骨したいお寺の檀家になる必要があり、宗派が限定されていることが多いです。

公営・民間墓地

お寺ではなく、公営や民間の墓地に納骨する方法もあります。基本的にお寺は仏教徒しか納骨できませんが、公営・民間墓地は宗教宗派を問わないことが多く、どのような方でも納骨できるのが特徴です。お寺へ納骨するよりも費用がかからないため、お墓は新たに建てたいがなるべく費用を抑えたいという方にも選ばれています。

合祀墓地

合祀墓地(ごうしぼち)とは、家族以外の方と合同で納骨を行うというものです。個人のお墓ではなく、他人の遺骨と一緒に埋葬されるため、合祀後に遺骨を返してもらうことはできません。その代わり、納骨を依頼した霊園や寺院がお寺の管理と永代供養を行ってくれるため、「自分個人のお墓は持たない」という方に選ばれています。

納骨堂

納骨堂とは、遺骨を収蔵できる「納骨スペース」を設けている建物です。お寺のお墓とは異なり、お墓の後継者がいなくても利用できるのが特徴です。屋内で遺骨を管理するため、天候や季節を問わずいつでもお参りできるメリットもあります。お墓を建てるよりも費用がかからないため、費用を抑えたいといった理由で選ぶ方も増えています。

散骨

散骨とは、故人の遺骨を灰状にし、さまざまな場所に撒くという埋葬方法です。故人の思い出の場所に散骨することもあれば、樹木葬や海洋散骨などを行う方もいます。どこでも自由に散骨できるわけではないため、散骨を行う際は専門業者に依頼する必要があります。

家族のみで行う納骨式の流れ

納骨する際は「納骨式」と呼ばれる儀式を執り行うのが一般的です。ここからは、家族のみで行うお墓での納骨式の流れについて解説します。

日程を決める

まず、納骨式を行う日程を決めます。納骨式では僧侶に読経してもらうのが一般的であるため、お寺と相談しながら納骨式を執り行う日時や納骨場所を決めましょう。

墓前に集合する

納骨式当日は、墓前に集合します。僧侶が到着する前にお墓に着いておくのがマナーですので、予定時間の30分前を目安に集まるようにしましょう。お墓に到着したら、供物供花の準備やお墓の掃除などを行います。

僧侶の読経

僧侶が到着したら、納骨式が始まります。故人の遺骨をお墓に納める前に僧侶が読経を行うため、静かに聞きましょう。

納骨を行う

僧侶の読経が終わったら、遺骨の納骨が行われます。石材業者がお墓を開け、お墓の下にある納骨室に骨壷を収納してくれます。関東では骨壷ごとお墓に納める形式が一般的ですが、関西地方では袋に遺骨を入れ直して納骨することが多いようです。

再度僧侶に読経してもらう

お墓への納骨が終わったら、再度僧侶が読経を行います。2回目に行われる読経は「故人を供養する」という目的で行われるもので、「納骨経」と呼ばれます。

焼香

読経中、あるいは読経が終わった後に焼香を行います。僧侶が合図をしてくれる場合が多いため、僧侶からの指示を待ちましょう。焼香は納骨式の施主から行い、その後に家族が焼香をします。家族のみの納骨式は参列者が少ないため、30〜40分ほどで終了することが多いようです。

会食

納骨式が終わった後、会食を行うこともあります。納骨式のみを執り行う場合は会食をしない場合もありますが、四十九日一周忌法要と同日に納骨式を執り行う場合は、会食が行われるのが一般的です。

家族のみで行う納骨式の服装

家族のみで納骨式を行う場合も、服装には決まりやマナーがあります。どのような服装が適切か分からず迷っている方は、こちらの服装のマナーに目を通しておくと安心です。

四十九日までに行う場合は喪服が一般的

四十九日までに納骨式を執り行う場合は、喪服を着用するのが一般的です。男性はブラックスーツに白のワイシャツを着て、黒のネクタイを締めます。女性は、光沢のない黒のジャケットとスカートを合わせたフォーマルブラックを着用します。

平服でも問題ない

家族のみで納骨式を行う場合、平服でも問題ないとする方もいます。特に、四十九日が過ぎてから納骨式を行う場合は、ブラックスーツやアンサンブル、ワンピースなどを着用することが多いです。

参加者で格式を合わせておく

家族のみで納骨式を行う場合、参列者同士で服装の格式を合わせておくことが大切です。例えば、施主は喪服にもかかわらず、他の家族が平服を着用しているといった状況にはならないよう注意しましょう。前もって服装について話し合っておき、どの格式の服装で参列するか決めておくと安心です。

バッグや靴は黒でまとめる

バッグや靴などの小物類は、黒色でまとめるのがマナーです。派手な色味のものやキラキラとした装飾があるものは、納骨式などの弔事では不適切だとされています。光沢のある質感のものも避けるようにし、落ち着いてシンプルなデザインの小物を選ぶようにしましょう。

アクセサリーは必要最低限に

家族のみで納骨式を行う際、アクセサリーにも注意しましょう。ピアスやネックレスなどはパールで一連のものを選ぶようにし、派手なデザインのものは避けましょう。結婚指輪はつけていても問題ないとされていますが、装飾が派手で目立つデザインのものは外しておくことをおすすめします。

家族のみで納骨する際の注意点

親戚や友人などを招かずに家族のみで納骨式を執り行う場合も、マナーや決まりを守る必要があります。マナーを守らないと、家族同士でも失礼に当たることがあるため注意が必要です。ここからは、具体的にどのようなマナーに注意するべきなのか解説します。

家族間でも香典は用意する

家族のみで納骨式を執り行う場合も、香典は用意するのがマナーです。香典には「ご遺族の金銭的な負担を手助けする」という意味のほか、故人への弔意を示すという意味もあります。香典を用意せずに納骨式に参列するのは、故人に対して失礼にあたるため注意しましょう。

関係者に連絡しておく

家族のみで納骨式を執り行う場合は、故人と関係のある友人や参列を遠慮する親族には事前に報告しておく必要があります。家族のみで納骨式を行うことを伝えておかないと、「納骨式に参列したかったのに」「何の連絡もないなんて、ないがしろにされた」と思われてしまう恐れがあります。後々トラブルになる恐れもあるため、納骨式前に連絡をしておきましょう。

石材店へ依頼する

家族のみで納骨式を行う場合でも、石材店への依頼は忘れないようにしましょう。お墓に遺骨を納骨する際は、墓石を動かして納骨室を開けなくてはいけません。墓石は50〜100kgほどあるため、個人で開けると怪我をしたり墓石が破損したりする恐れがあり、非常に危険です。納骨式の日取りが決まったら、早めに石材店に依頼しましょう。

寺院に配慮する

家族のみで納骨式を執り行う場合、僧侶の読経を省くケースもありますが、この際は寺院への配慮を忘れないようにしてください。特に菩提寺がある場合、お寺に相談せずに読経を省いた納骨式を行うのは失礼にあたります。僧侶を呼ばずに家族のみで納骨式を行うことを考えているということを、前もって菩提寺に相談しましょう。

納骨を行う際の持ち物

納骨式を執り行う際は、故人の遺骨のほかさまざまなものを準備しなくてはいけません。準備が不足していると納骨式の進行が滞ったり、金銭的なトラブルが発生する恐れがあります。こちらの納骨式に必要なものを参考にしながら、何を準備すればよいか把握しておきましょう。

彫刻代

彫刻代とは、遺骨を埋葬するお墓の墓石や墓誌に故人の名前を彫る際に必要な費用です。彫刻する文字が多いほど費用が高くなる傾向にあり、相場は3〜5万円ほどとされています。故人の名前のほか、生年月日や戒名を彫刻することもあります。

僧侶へのお布施

納骨式で僧侶に読経をしてもらう際は、お布施を渡す必要があります。納骨式のみのお布施の相場は3〜5万円ほどで、四十九日や一周忌など他の法要と合わせて行う場合は、法要のお布施も別で用意する必要があるため注意しましょう。

また、お布施以外にも交通費に当たる「お車代」や、会食を僧侶が辞退した際の「御膳料」といった費用がかかるケースもあります。お車代は5千〜1万円ほど、御膳料は5千〜2万円ほどが相場となっています。これらの僧侶に渡すお金は、一つの封筒にまとめて渡すのではなく、それぞれ封筒を分けて包むのがマナーです。

納骨作業料

お墓に遺骨を納める際は、納骨作業料という費用も必要です。これは墓石を動かしたり、納骨室の入り口を開けたりする作業にかかるお金のことで、5千〜1万円ほどが相場です。お墓の形態によっては費用が高額になることもあるため、あらかじめ見積もりを取っておくと安心でしょう。

ただし、納骨室の入り口が簡単に動かせる形状のお墓の場合は、作業を依頼する必要がないため納骨作業料はかかりません。

埋葬許可証

遺骨をお墓に納骨する際は、埋葬許可証を遺骨を納める場所に提出する必要があります。埋葬許可証がないと納骨を行うことができないため、必ず持参してください。実際には、埋葬許可証はご遺体を火葬した際に火葬場が火葬許可証に火葬執行印を押してくれたものになります。

墓地使用許可証

墓地使用許可証とは、墓地の所有者を証明するために必要な書類です。納骨式を行う際は、「墓地を契約している人がお墓を建てている」と証明する必要があります。納骨式の前に、遺骨を納める霊園や寺院に発行してもらいましょう。墓地使用許可証を忘れたり、紛失したりすると納骨が行うことができないため、しっかりと管理しておくことが大切です。

塔婆

塔婆(とうば)とは、亡くなった人の戒名や名前が書かれている仏具のことです。故人があの世へ旅立つために必要なものとされているため、納骨式の前に寺院に依頼して用意してもらいましょう。塔婆の費用は2千〜1万円ほどが相場ですが、宗派によって費用が異なるため事前に確認しておきましょう。ただし、宗派によっては塔婆を使用しないこともあります。

家族のみでの納骨式は、マナーや注意点を踏まえて行いましょう

この記事のまとめ

  • 家族のみで納骨式を行っても問題ない
  • 納骨には、寺院のお墓、公営・民間墓地、合祀墓地、納骨堂、散骨といった種類がある
  • 納骨式を行う前に、寺院や石材店と相談して日程を決める必要がある
  • 平服でも問題ないとされることもあるが、参列者同士で格式を合わせておくことが大切
  • 家族間でも香典が必要
  • 納骨式に招かない故人の友人や親族には前もって連絡しておく
  • 納骨式には彫刻代、僧侶へのお布施、納骨作業料、埋葬許可証、墓地使用許可証、塔婆などが必要

納骨式は親族や故人の友人を招いて行うことが多いですが、家族のみで行っても問題ありません。家族のみで納骨式を執り行う際は、前もって参列しない親族や友人に連絡したりといった配慮が必要です。家族のみで納骨式を執り行う場合は、今回紹介した納骨式の流れやマナーなどを参考にしてください。

SHARE この記事をSNSでシェアする