閉じる メニュー
葬儀を知る

葬儀でのアクセサリーはどうしたらよい?基本マナーと注意するポイントを解説

葬儀でのアクセサリーはどうしたらよい?基本マナーと注意するポイントを解説

葬儀に参列する際、服装と同様に身に着けるアクセサリーにも注意する必要があります。しかし、アクセサリーのマナーをあまり知らない人もいらっしゃるのではないでしょうか。本記事では、葬儀におけるアクセサリーの基本マナーや注意点などを分かりやすく解説します。

葬儀にアクセサリーは必要?

葬儀に和装で参列する場合、アクセサリーは結婚指輪以外身に着けないのが基本です。洋装の場合、最近では葬儀に適したアクセサリーを着けるのが一般的になってきました。しかし、必ずしも必要というわけではなく、アクセサリーを着用するかどうかは自分で決められます。

西洋では、故人を悼むために葬儀でアクセサリーを身に着ける「モーニングジュエリー」の文化がありますが、日本ではこのような文化はありません。洋装の際、葬儀に適したアクセサリーが用意できなかった場合は無理に身に着けなくてよいでしょう。

葬儀で身に着けるアクセサリーのマナー

葬儀で身に着けるアクセサリーには、いくつかのマナーがあります。ご遺族に不快な思いをさせないためにも、洋装で参列する際は注意してアクセサリーを選びましょう。

ネックレス

葬儀に参列する際、ネックレスは身に着けることの多いアクセサリーの一つです。ネックレスを着用する場合、「涙の象徴」とされる真珠のネックレスを身に着けるのが基本となります。

デザイン

葬儀に真珠のネックレスを身に着ける場合は、必ず一連のネックレスを身に着けましょう。

不幸が重なることを連想させる二連のネックレスや、チェーンが光って目立ってしまう一粒のネックレスはマナー違反とされているため、葬儀では着用しないよう注意してください。

真珠の色

真珠の色は、白や黒、グレーが葬儀のアクセサリーとしてふさわしいです。真珠の色にはピンクやイエローなどもありますが、葬儀の場には適さないため避けるべきです。

黒やグレーの真珠の中には、光沢が強く出ているものや鮮やかな緑色などが入ったピーコックカラーなどもありますが、こちらも葬儀のアクセサリーとしては適していません。黒やグレーの真珠のネックレスを身につける際は、細部まで注意して選びましょう。

白の真珠は、冠婚葬祭用のフォーマルなアクセサリーとして広く人気です。黒やグレーの真珠も同様に冠婚葬祭で使用できますが、服装によっては合わせにくいこともあるため、真珠の色に迷った際は白を選ぶと安心です。

40代以上の女性の場合、黒やグレーの真珠は格式高く落ち着いた印象を与えてくれるためおすすめです。年齢に合わせて葬儀の服装を買い替える際など、黒やグレーの真珠を使ったネックレスを新調してもよいでしょう。

真珠の大きさ・形

葬儀に適している真珠の大きさは、直径7~8mm程度とされています。粒が大きいと華やかな印象になりやすく、小さいとカジュアルになりやすいため、真珠の大きさにも注意して選びましょう。

真珠の形に凹凸があるバロックパールは、ファッション性が高く葬儀には適していないため、綺麗な丸い形の真珠を選ぶようにしてください。

長さ

ネックレスの長さは40cm程度がおすすめで、着用したときに鎖骨のあたりに位置するものを選びましょう。長すぎるとカジュアルな印象になったり、焼香の際に邪魔になったりする恐れもあります。

長さが40cm程度であれば冠婚葬祭のフォーマルなアクセサリーとして使用できるため、まだ真珠のネックレスを持っていない人はぜひ検討してみてください。

ピアス・イヤリング

葬儀では、ネックレスと同様に真珠のピアスまたはイヤリングの着用が可能です。真珠のネックレスも一緒に着用する場合、真珠の色は全て統一させましょう。

ピアスやイヤリングを身に着けるときは、一粒タイプのものを着用するのが基本です。二粒以上の真珠がついているものは、不幸が重なることを連想させるため避けましょう。

また、真珠のピアスやイヤリングであっても、揺れるデザインのものは葬儀に適していません。金具の色にも注意し、ゴールドの金具ではなくシルバーの金具がついたピアスやイヤリングを着用しましょう。

指輪

基本的に指輪は、結婚指輪以外は身に着けないことが多いです。ダイヤが付いている結婚指輪はダイヤ部分を手のひら側に回して着用したり、ダイヤが指輪の全体に付いている場合には外して参列したりと、配慮が必要なこともあります。

ネックレスやピアス、イヤリングなどと比べると着用している人は少ないですが、白や黒、グレーの真珠が一粒のみあしらわれた指輪は葬儀で使える場合もあります。

しかし、派手に見えてしまうものなどは避けるのがマナーです。

腕時計

腕時計は時間を気にしているとされ、葬儀には身に着けない方がよいという声もありますが、マナー違反ではありません。実際に時間を気にしなければならない際に、スマートフォンを取り出して確認する方が印象は良くないため、必要な場合には着用してもよいでしょう。

葬儀に参列する際はゴールドなどのきらびやかな腕時計は避け、シルバーや黒などのシンプルで落ち着いたデザインのものを選びます。

ヘアアクセサリー

男性女性問わず、髪が長い場合は髪を一つにまとめて葬儀に参列するのがマナーです。その際のヘアアクセサリーは、黒や紺、グレーなどのシンプルなヘアゴムなどを使用します。

女性は、シンプルなデザインであればバレッタやシュシュなどでもよいでしょう。髪が長くてまとめたいときは、ヘアネットを使うのもおすすめです。

葬儀で身に着けられる真珠以外のジュエリー

葬儀では真珠のアクセサリーを着用するのが一般的ですが、ジェットやオニキス、黒曜石などのジュエリーも葬儀での着用が可能です。真珠のアクセサリー以外のジュエリーを探している人は、ここから紹介するジュエリーもぜひ検討してみてください。

ジェット

ジェット(黒玉)は、樹木の化石を職人が磨き上げて作る漆黒の宝石です。

イギリスのヴィクトリア女王が夫アルバート公を亡くし、喪に服す間にジェットを身に着けたことから、モーニングジュエリーとして広く知られました。現在では、日本の皇室も喪に服す際にジェットを身に着けるのが一般的です。

ジェットは軽いのが特徴で、普段アクセサリーを着け慣れていない女性にもおすすめです。汗などで変色することも少ないため、使い勝手のよさも魅力でしょう。

ブラックオニキス

ブラックオニキス(黒めのう)は、数珠などにも使われている黒い天然石です。モーニングジュエリーの一つではありますが、ジェットと比べると日本における葬儀用のアクセサリーとしては一般的でなく、葬儀に着用できるかどうかは意見が分かれることもあります。

黒曜石

黒曜石はやや透明感のある黒い火山岩で、モーニングジュエリーとしても知られています。オニキスと同様に日本の葬儀のアクセサリーとしてはあまり一般的でないことから、着用については意見が分かれることもあります。

黒曜石は涼やかな印象があるため、手元にある場合には家族のみで行う夏の法要などで身に着けてもよいでしょう。

葬儀のアクセサリーにおける注意点

葬儀のアクセサリーを選ぶ際は、いくつかの注意点があります。失礼にあたらないよう、以下に紹介する注意点を確認してアクセサリーを選びましょう。

華美なデザインや光り物は避ける

葬儀用のアクセサリーは、シンプルなデザインや落ち着いた色のものを選ぶことが基本です。たとえ真珠のアクセサリーであっても、華美なデザインのものやゴールドの金具が輝く光り物は避けましょう。

ダイヤモンドがついていないか、シルバーなど目立たない金具であるかなど、アクセサリーをよく確認して選んでください。

ブローチの着用は避けた方が無難

喪服にブローチを身に着けて参列する方もいますが、基本的に葬儀においてはブローチの着用は避けた方が無難です。

ブローチは葬儀以外の法要であれば身に着けることもできますが、その際は白や黒の真珠が使われた小さくて控えめなものを選びましょう。

迷ったら自己判断せず地域の人に相談する

葬儀のアクセサリーは、地域によって決められていることもあります。そのため、アクセサリーについて迷った際は同じ地域の女性などに相談すると安心です。

葬儀に参列する際に気をつけたい小物

葬儀で気をつけることは、服装やアクセサリーだけではありません。意外と見落としてしまいがちですが、ハンカチやコート、傘などの小物についても葬儀にふさわしいものを選ぶ必要があります。

ハンカチ

葬儀において、ハンカチは必ず持参しておきたい小物です。ハンカチは白や黒のシンプルなものを用意しましょう。光沢のあるシルク生地や、フォーマルシーンに合わないタオル生地のハンカチは避けてください。

白いハンカチは冠婚葬祭で使用できるため、まだフォーマル用のハンカチを持っていない人におすすめです。

ストール・コート

寒い時期の葬儀には、ストールやコートを着用することもあるでしょう。ストールやコートは、黒・紺・グレーなどの落ち着いた色のものを身に着けます。殺生を連想させるファーや、派手な印象を与えやすい金ボタンなどの装飾がないものを選びましょう。

葬儀の参列時には、黒や紺などの落ち着いた色の傘を選びましょう。傘は葬儀会場までの往復時に使うことがほとんどで、葬儀中に開くことは基本的にありません。服装とのバランスを見ても、明るい色やデザイン性の高い傘は避けた方が無難です。

女性用の傘は華やかなデザインのものが多いため、葬儀に合った傘を持っていない場合は身内の男性用の傘を借りるのも一つの方法です。あまりフォーマルシーンに合うとは言えませんが、ビニール傘でも問題ありません。

葬儀のアクセサリーはマナーを踏まえて選びましょう

この記事のまとめ

  • 葬儀に和装で参列する場合、アクセサリーは結婚指輪以外は身に着けないのが基本。洋装の場合は葬儀に合ったアクセサリーであれば着用してもよい
  • 葬儀に参列する際のネックレス・イヤリング・ピアスは、白や黒、グレーの真珠のものであれば身に着けてよい。指輪は、結婚指輪以外は身に着けないのが基本。一般的に腕時計は身に着けないが、必要であればシルバーや黒のシンプルなものを身に着ける。ヘアアクセサリーは、黒や紺などのシンプルなヘアゴムを使う
  • 真珠以外に身に着けられるジュエリーには、ジェットやブラックオニキス、黒曜石がある。ブラックオニキスと黒曜石は、身につけてよいか意見が分かれることもあるため注意
  • 葬儀のアクセサリーにおける注意点には、①華美なデザインや光り物は避ける②ブローチの着用は避けた方が無難③迷ったら自己判断せず地域の人に相談するなど
  • 葬儀に参列する際には、ハンカチ・ストール・コート・傘なども落ち着いた色やデザインのものを用意する

葬儀の参列時には服装にばかり気を取られがちですが、アクセサリーにも注意する必要があります。派手なデザインのアクセサリーは避け、シンプルで落ち着いた色の弔事にふさわしいアクセサリーを選びましょう。

SHARE この記事をSNSでシェアする