閉じる メニュー
葬儀のあと

法事・法要の適切な服装とは?喪服の種類、着用シーンや男女別の服装マナーを解説

法事・法要の適切な服装とは?喪服の種類、着用シーンや男女別の服装マナーを解説

法事・法要での服装は、マナーに違反しないよう特に細心の注意を払いたいものです。しかし、適切な服装がよく分からない方もいらっしゃるでしょう。そこで本記事では、法事・法要の適切な服装や喪服の種類、男女別の着用マナーなどについて解説します。

法事・法要の基本的な服装マナー

法事法要における基本的な服装として、「法事・法要には喪服で参列する」「参列者が故人の親族よりも格式の高い服装(喪服)を着用してはいけない」というマナーがあります。これを踏まえた上で、男女別・子供別の法事・法要での服装を確認していきましょう。

男性の服装

法事・法要での男性の服装は、黒のスーツに白色で無地のワイシャツ、光沢のない黒無地のネクタイが基本です。ネクタイはディンプルをつくらない結び方で、ネクタイピンは身に着けません。

ベルトや靴下、革靴においても黒のシンプルなデザインで揃えます。動物の皮でできた製品は殺生を連想させるため、法事・法要では身に着けてはいけません。男性の場合、ベルトには特に注意が必要です。

また、光り物も相応しくないため、金の指輪や金の腕時計などのアクセサリー類は外すことを覚えておきましょう。髪は、お辞儀やお焼香の際に乱れないようセットします。長髪の方は、ゴムでまとめておくとよいでしょう。

女性の服装

法事・法要での女性の服装は、ブラックフォーマルが基本です。黒のスーツやワンピース、アンサンブルなどを着用します。いずれも露出を避け、シンプルなデザインのものを選びましょう。スカートの場合は、膝が隠れるものを着用します。

ストッキングは肌が薄く透ける20デニール程度の黒色を選び、靴は黒のシンプルなパンプスで、先が細いものやヒールの高いものは避けましょう。また、アクセサリーは、結婚指輪以外は基本的に身に着けません。ネックレスを身に着ける場合は、一連のパールやオニキスを着用し、きらびやかなものは避けましょう。

バッグは布製で、黒のシンプルなデザインのものを用意します。普段使いのものよりは、葬祭用として販売されているバッグであれば法事・法要の際には間違いないでしょう。

メイクはナチュラルなもの、髪型は男性と同様、お辞儀やお焼香で乱れないように低い位置でシンプルにまとめます。また、ネイルを落とすこともポイントです。どうしても法事・法要までにネイルを落とせない場合は、手袋を着用して隠すようにしましょう。手袋は露出を抑えるアイテムにもなります。

子供の服装

法事・法要での子供の服装は、大人と違い厳密なマナーはあまりありません。乳幼児の場合は、黒や白、ダークカラーのシンプルな服と靴下、靴を選びます。キャラクターなどのデザインがある服装は避けましょう。

学生の場合は制服が正式な礼服となるため、法事・法要においても制服で参列するのが基本です。もし制服がなければ、白いシャツに黒や紺などのブレザー、ズボンまたはスカートを着用しましょう。靴下は黒・白・紺色のもの、靴も黒や白、紺色のローファーやスニーカーなどを用意します。

喪服の種類

基本的なマナーで言及したように、法事・法要では喪服で参列しますが、その喪服には正喪服・準喪服・略喪服の3種類があります。喪主や親族、参列者などの立場や法事・法要の種類によって、どの喪服を着るか異なるため、それぞれについて確認しておきましょう。

正喪服

喪服のなかで、最も格式の高い服装とされているのが正喪服です。主に、葬儀告別式などで喪主や3親等までの親族が着用する正式な喪服ですが、最近では喪主や親族も正喪服ではなく、後述する準喪服を着ることが多くなってきました。そのため、必ずしも葬儀・告別式で正喪服を着用しなければならないわけではありません。

正喪服は、和装と洋装の2種類に分かれます。男性の場合、和装は黒羽二重の染め抜き五つ紋付の羽織袴で、洋装はモーニングコートです。女性の場合、和装は黒無地に染め抜き五つ紋、洋装はブラックフォーマルが一般的です。

準喪服

一般に喪服といわれている服装が、この準喪服です。正喪服とは違い、喪主や親族、参列者といった全ての人が葬儀や法事・法要で着用できます。そのため、まだ喪服を持っておらず、これから用意するという方は準喪服を用意するとよいでしょう。男性は黒のスーツ、女性はブラックフォーマルが準喪服にあたります。

略喪服

略式の喪服といわれているのが、略喪服です。正式な喪服ではなく、喪服のような地味な服装、制服のことを指します。男性は、黒やダークカラーなど地味な色のスーツ、女性も同じくダークカラーをはじめとした地味な色のワンピースやアンサンブルなどが略喪服にあたります。

“略”という文字はついていますが、あくまでも法事・法要で着用する喪服ということを意識して、派手なデザインのものは着用しないように気を付けましょう。

法事・法要のシーン別に適切な服装

服装のマナーと喪服の種類を理解したところで、ここからは法事・法要を軸に、それぞれのシーンでどのような服装をすべきかについて解説します。

お通夜・葬儀・告別式

お通夜とは、家族や親族、故人の友人など故人と親しい間柄の人が集まり、故人と最期の夜を過ごす儀式のことです。元来は一夜を通して行われていたため、お通夜と呼ばれています。

喪主や親族は、正喪服または準喪服を着用するのがマナーです。参列者の場合、以前は略喪服が一般的な服装でしたが、最近では準喪服が一般的です。都合により準喪服が用意できない場合は、略喪服でもよいでしょう。

また、仏教における葬儀は、読経などで親族や参列者が故人の冥福を祈る宗教的儀式で、告別式は葬儀のあとに行われるお焼香や献花などで、故人とお別れをする社会的儀式のことです。葬儀と告別式の境目はあまりなく、葬儀の直後にそのまま続けて告別式を行うのが一般的です。そのため、服装も同じものを着用します。

喪主、親族の葬儀・告別式での服装は、正喪服または準喪服です。男性の正喪服の服装にモーニングコートがありますが、こちらは昼間に着用する服装のためお通夜では着用しないようにしましょう。また、喪主や親族などの主催者側は、喪章をつけるのもマナーの一つです。

参列者の葬儀・告別式での服装は、準喪服が一般的です。参列者が正喪服を着るとマナー違反になるため気を付けましょう。

初七日・四十九日

故人が亡くなった日から7日が経った日のことを、初七日といいます。葬儀の日から数えるのではなく、亡くなった日から数えるため注意しましょう。一方、故人が亡くなった日から49日が経った日のことを四十九日といい、特別な法事・法要が行われます。

初七日は、葬儀・告別式から間もなく訪れる法事・法要のため、葬儀・告別式と同日に続けて行われることが多いです。したがって、喪主や親族は正喪服または準喪服、参列者は準喪服と、服装も葬儀・告別式と同じものを続けて着用します。

また、四十九日の服装も初七日の服装と同じです。親族は正喪服または準喪服、参列者は準喪服を着用します。

百箇日

故人が亡くなった日から100日目のことを、百箇日といいます。故人の親族などが故人を失った悲しみに一区切りをつけ、日常の生活に戻る節目となる法事・法要です。最近では、百箇日の法事・法要が行われないことも多くあります。

百箇日の服装は、親族・参列者ともに準喪服が一般的です。親族のみで行われる場合には略喪服でもよいでしょう。

一周忌

一周忌とは、故人が亡くなった日から1年経った祥月命日に行われる法事・法要のことです。命日に行われない場合は、一般的に命日よりも前に行われます。年忌法要のなかでも特に重要な法事・法要とされ、親族だけでなく故人と親しかった友人も招かれます。一周忌の服装は、親族・参列者の両者ともに準喪服を着用するのが基本です。

三回忌

一周忌の翌年(故人が亡くなってから満2年)に行われる法事・法要を三回忌といいます。一周忌の法事・法要と同じく、親族に加えて故人と親しかった友人を招いて行いますが、最近では親族だけで行われることも少なくありません。

三回忌の服装は、親族・参列者ともに準喪服を着用するのが一般的ですが、参列者は略喪服で問題ないという考えもあります。参列する場合は、地域の方や家族、故人の親族に適切な服装を確認すると安心です。また、親族だけで三回忌を行う場合、親族の服装は略喪服でもかまわないでしょう。

七回忌以降

七回忌は、三回忌の次に行われる年忌法要で、故人が亡くなって6年後の祥月命日に行われます。三回忌までは喪服を着用するのが一般的なため、七回忌以降の十三回忌三十三回忌などの服装は、親族・参列者ともに略喪服でよいでしょう。

法事・法要に「平服でお越しください」と言われたときの服装は?

特に、七回忌以降の法事・法要では、故人の親族から「平服でお越しください」と案内されることがあります。平服とは略喪服のことを指し、普段着のことではありません。したがって、服装で平服を指定された場合は略喪服を着用するようにしましょう。

法事・法要にはマナーを守った服装で参列しましょう

この記事のまとめ

  • 法事・法要には喪服を着用するのが服装の基本マナー
  • 法事・法要での男性の服装は、黒スーツに白のワイシャツ、黒のベルト・靴下・靴
  • 法事・法要での女性の服装は、ブラックフォーマル。ストッキングは薄手の黒で靴は黒のシンプルなパンプス
  • 法事・法要での子供の服装は、乳幼児の場合は黒や白、ダークカラーなどの地味なもの、学生は制服
  • 喪服には正喪服・準喪服・略喪服の3種類があり、法事・法要によって着用する種類を選ぶ
  • 正喪服は喪主や親族が着る服装で、和装と洋装がある
  • 男性の正喪服の和装は染め抜き五つ紋付の羽織袴、洋装はモーニングコート
  • 女性の正喪服の和装は黒無地の染め抜き五つ紋、洋装はブラックフォーマル
  • 準喪服は一般に喪服といわれるもの。男性は黒のスーツ、女性はブラックフォーマル
  • 略喪服は男性はダークカラーのスーツ、女性はダークカラーのワンピースやアンサンブル
  • 三回忌までの法事・法要は正喪服または準喪服を着用する
  • 七回忌以降の法事・法要は略喪服でもかまわない
  • 「平服でお越しください」と案内があったときの服装は略喪服を着用する

今回は、法事・法要における男女別の服装マナー、それぞれの法事・法要における適切な服装、喪服の種類、平服の意味について説明しました。法事・法要での服装は地域によっても異なる場合があるため、地域の人や家族、故人の親族にあらかじめ確認しておくと安心です。

故人を偲ぶという重要な役割がある法事・法要では、故人の親族に不快な思いをさせないためにも、マナーを守って適切な服装で臨みましょう。

SHARE この記事をSNSでシェアする