閉じる メニュー
葬儀を知る

霊柩車とは?特徴から車種、寝台車との違い、手配の仕方までまとめて解説

霊柩車とは?特徴から車種、寝台車との違い、手配の仕方までまとめて解説

「霊柩車」という言葉は知っていても、具体的な車種や特徴はあまり分からないという方も多いのではないでしょうか。本記事では、霊柩車の車種や特徴から手配の方法、料金体系まで解説します。また、間違われやすい寝台車との違いも紹介していきます。ぜひ参考にしてみてください。

霊柩車とは?

棺を火葬場まで運ぶ車

霊柩車とは、ご遺体が入った火葬場まで運ぶ車両のことです。葬儀後、霊柩車にご遺体が入った棺を乗せ、ご遺族と一緒に火葬場へ向かいます。霊柩車は色や形が特徴的だったり、車の上に飾りが乗せられていたりと、独創的な外見をしていることが多いです。

荷室部分は棺専用に作られている

霊柩車は「ご遺体が入った棺を火葬場に搬送すること」に用途が限定されているため、荷室部分は棺専用のスペースとなっています。また、棺はかなり大きく重たいため、荷室部分はスムーズに出し入れができるようにローラーやレールが設置されていたり、走行中に棺が動かないよう固定できるように作られたりしています。

特殊用途車両に当たる

霊柩車は一般的な車とは異なり、特殊用途車両に分類されます。日本の法律では、ご遺体は「貨物」という扱いになっているため、霊柩車を運転するには「一般貨物自動車運送事業(霊柩限定)」の許可を取る必要があります。救急車やパトカーと同じ特殊用途車両に分類されるため、緑色の「8」のナンバープレートが取り付けられています。

霊柩車は、基本的に第一種運転免許があれば運転可能です。ご遺体と一緒にご遺族を乗せて運転する場合でも、料金を取らない場合は基本的には第二種免許は必要ないとされています。

故人と親しい人が乗車する

霊柩車はご遺体が入った棺を搬送することが第一の目的ですが、ご遺族を同乗させることも可能です。ただし、荷室のほとんどが棺専用のスペースになっているため、あまりたくさんの人は乗れません。

そのため、故人と極めて親しい関係にあった人のみが霊柩車に乗車することがほとんどです。遺影や骨壷を持った人は、霊柩車の助手席に乗り、それ以外の親族は、マイクロバスなどで火葬場まで行くのが一般的です。

行きのみの運行となる

霊柩車は、葬儀会場から火葬場へ行く往路のみの運行となります。火葬が終わってから葬儀場に戻るときや、火葬場から自宅に帰宅する際は、霊柩車に乗ることはできません。そのため、火葬場からの移動方法については前もって考えておく必要があります。

霊柩車の車種

霊柩車には、中型から大型にあたる車種が多く使用されています。霊柩車の車種は、リムジン型・バン型・バス型・宮型の4種類に分けられ、それぞれ異なる特徴を持っています。ここからは、霊柩車の車種による違いや特徴を紹介します。

リムジン型

リムジン型の霊柩車は「洋型」とも呼ばれ、クラウンやベンツ、ボルボなど、大型の高級車をベースとしています。外装はレザーなどで装飾されているものがほとんどで、シンプルながら高級感のある見た目が特徴です。中には、外見だけでは霊柩車と分からないものもあります。日本では、以前は宮型の霊柩車が主流でしたが、現在はリムジン型の霊柩車が使われることが多くなっています。

リムジン型の霊柩車は、宮型と比べて乗車できる人数が多く設定されています。運転手以外に2名ほど乗車できる車種が多く、中には4名以上を乗せて走行できるものもあります。

バン型

バン型の霊柩車はワゴンやバンをベースに改装したタイプの霊柩車で、黒だけでなく白い車両もあります。目立つ装飾がされておらず、見た目は一般車のままであるため、見ただけでは霊柩車だと分かりません。

霊柩車は通常、「死」を連想させるとして病院内で利用するには適さないといわれています。しかし、バン型の霊柩車は簡素な外見で病院でも目立たないため、寝台車として使われることもあります。

バス型

バス型の霊柩車はご遺体の入った棺を側部や後部に載せられるバスタイプの霊柩車のことです。通常、霊柩車には代表者だけが乗り、それ以外のご遺族は別のバスで移動することが多いです。しかし、バス型の霊柩車であれば故人の棺と一緒にご遺族も乗車可能です。葬儀場から火葬場までの距離が遠い場合や、雪国などで使われることが多いタイプです。

バス型の霊柩車はあまり一般的ではないため、すべての葬儀社が保有しているわけではありません。そのため、どうしてもバス型の霊柩車を使いたい場合は、あらかじめ葬儀社に相談しておくことをおすすめします。

宮型

宮型の霊柩車は、豪華な金箔や彫り物、日本建築の唐破風(からはふ)などの装飾が施されているのが特徴です。古来の日本文化では棺を神輿のように担いで運んでいたことから、このような宮型の霊柩車が誕生したといわれています。

以前は宮型の霊柩車が主流でしたが、かなり目立ってしまうこと、死を強くイメージさせることから現在では敬遠されることも多いです。中には、近隣住民への配慮などにより、宮型霊柩車の火葬場付近への出入りを禁止している自治体もあります。

また、宮型霊柩車は細かい装飾や細工も多く、メンテナンスや車両の維持にかなりのコストがかかること、仏式・神式の葬儀では使えるものの、キリスト教などその他の宗派に適さず使用できないことなどの理由から近年はほとんど使用されなくなってきました。

そのため、宮型霊柩車を保有している葬儀社も減っています。もし、どうしても宮型霊柩車を手配したい場合は、事前に葬儀社へ確認するのがよいでしょう。

霊柩車と寝台車の違い

「霊柩車」と似ている車両として「寝台車」があります。どちらもご遺体を運ぶという役割を担っていますが、この二つにはどのような違いがあるのでしょうか。ここからは、霊柩車と寝台車の違いについて解説していきます。

搬送ルート

霊柩車と寝台車の大きな違いが、搬送ルートです。霊柩車も寝台車もご遺体を運ぶ車両ですが、霊柩車は葬儀場から火葬場へ搬送する際に使用します。一方寝台車は、故人が亡くなった病院などから葬儀社や自宅などの安置場所へご遺体を搬送する際に使用します。つまり、葬儀前にご遺体を運ぶのが寝台車、葬儀の後にご遺体を運ぶのが霊柩車ということになります。

外装

外装においても、霊柩車と寝台車で違いがあります。霊柩車には、前方のドア下部に「霊柩」または「霊柩限定」と記されていますが、寝台車にはこういった表記はありません。また、霊柩車はレザーや金色などの豪華な装飾が施されていることが多いですが、寝台車は落ち着いたデザインのものが主流です。

内部構造

霊柩車と寝台車では、内部の構造も異なります。霊柩車は葬儀場から火葬場への移動で使われるため、棺を乗せやすいような内部構造になっています。一方、寝台車はご遺体だけを運ぶものではなく、怪我人などを乗せることもあります。そのため、内部構造としては、棺ではなく担架を乗せやすいような作りになっていることがほとんどです。

霊柩車を手配する方法

葬儀が終わって火葬場へ向かう際は、霊柩車でご遺体が入った棺を運ばなくてはいけません。あらかじめ、霊柩車を手配する方法を把握しておきましょう。

葬儀社を通じて手配する

一般的に、霊柩車は自分で手配するのではなく葬儀社を通じて手配することになっています。専門の霊柩車運行業者と葬儀社が提携しているため、葬儀の打ち合わせの際に霊柩車の手配をしてもらえることがほとんどです。

ご遺族が直接運行業者に依頼してはいけないというわけではありませんが、葬儀のプランに霊柩車の料金が含まれていることが多いため、葬儀社を介して手配した方がスムーズでしょう。

使用したい車種がある場合は事前に相談する

もし、使用したい霊柩車の車種が決まっている場合は、事前に葬儀社に相談してください。リムジン型やバン型の霊柩車は保有している葬儀社や運行業者が多いため、問題なく対応してもらえるでしょう。しかし、バス型や宮型などのタイプは主流ではないため、葬儀社や運行業者によっては対応できないことがあります。

どうしても使いたい車種があるなら、直接霊柩車運行業者に相談してもよいでしょう。ただし、自分で霊柩車を手配する際は行き違いを防ぐため、葬儀社のスタッフにもその旨を相談しておく必要があります。

霊柩車の料金

霊柩車を利用するにあたって、気になるのが料金です。霊柩車で葬儀場から火葬場まで移動するには、どの程度の料金がかかるのでしょうか。ここからは、霊柩車の手配に必要な料金について解説していきます。

葬儀社のプランに料金が含まれていることが多い

霊柩車の料金は、葬儀プランに含まれていることが多いです。ほとんどの葬儀で葬儀場から火葬場への棺の搬送が必要となるため、霊柩車による搬送費用はあらかじめプランの中に含まれています。ただし、葬儀社によっては霊柩車の料金をプランに組み込んでいないこともあるため、前もって確認しておきましょう。

基本額+距離による加算額で決まる

霊柩車の手配料金がプランに含まれていない場合は、基本額と距離による加算額によって料金が決まります。基本額は使用する霊柩車の車種によって異なりますが、距離による加算額は、走行距離0〜10kmあたり1万5千〜5万円ほどかかります。走行距離が10kmを超える場合は、10kmまたは20kmごとに追加で料金が加算されていく仕組みです。

追加料金が発生する場合もある

葬儀プランに含まれている料金のほかに、追加料金が発生することもあります。例えば、依頼主の都合によって霊柩車の出発時間が遅れてしまった場合は、「待機時間料」が発生します。また、高速道路を使った場合は「高速・有料道路使用料」が、午後10時から午前5時までに霊柩車を使用する場合は「深夜早朝割増料金」が発生します。

寒い地域では積雪の多い12〜3月の間、「冬季割増料金」が適用されているところもあり、この場合は合計額の1.2倍の運賃がかかります。葬儀プランで提示された金額よりも料金が大幅に変動する可能性があるため、事前に確認しておく必要があります。

運転手に心付けを渡すケースもある

霊柩車の運転手へ心付けという御礼を渡すこともあります。「必ず心付けを渡さなくてはいけない」という決まりがあるわけではありませんが、地域の慣習となっていることもあるため、事前に確認しておきましょう。

一方、葬儀社によっては心付けの受け取りを行っていないこともあります。心付けを渡すのが運転手の負担になることもあるため、前もって葬儀社のスタッフに心付けについて確認しておくことをおすすめします。

霊柩車は故人との最期のお別れに使われる車両

この記事のまとめ

  • 霊柩車とは、ご遺体が入った棺を火葬場まで運ぶ車のこと
  • 霊柩車は特殊用途車両の一種で、荷室部分は棺専用のスペースになっている
  • 霊柩車にはリムジン型・バン型・バス型・宮型の4種類がある
  • 霊柩車は、基本的に葬儀社を通じて手配する
  • 霊柩車の料金は、葬儀プランに含まれていることが多く、追加料金が発生するケースもある

霊柩車は、ご遺体を火葬場まで運ぶのに使用される車のことです。バス型やバン型などさまざまな車種があり、現在はリムジン型の霊柩車を使うことが増えてきています。基本的に霊柩車の手配は葬儀社が行ってくれる上、料金が葬儀プランに含まれているケースが多いです。

 以上のような特徴や料金などを押さえて、大切な人とのお別れに備えておきましょう。

SHARE この記事をSNSでシェアする