葬儀の知識

葬儀の知識

事前の準備から葬儀の手順・進行、葬儀後のアフターケアまで、
ご喪家として葬儀を執り行う際に知っておきたい知識をまとめました。

ご逝去後の手続き

ご逝去の後は、速やかにご遺体を安置する必要があります。
病院で亡くなった場合、昨今は住宅事情による制約もあり、安置場所は自宅ではなく、葬儀社、葬儀場、火葬場の霊安室などが多くなってきています。その後のお通夜や葬儀をどうするかによって変わりますが、予め決めている葬儀社があれば連絡し、そうした葬儀社がない場合は遺族が探して決めたり、菩提寺に相談することになります。
 一般的には搬送までの間に退院手続きを行い、ご臨終に立ち会った医師や死亡を確認した医師に死亡診断書(死体検案書)を書いてもらいます。診療を受けていた傷病で亡くなった場合は死亡診断書、それ以外の理由で亡くなった場合は死体検案書、不慮の事故で亡くなった場合は警察に連絡して死体検案書を交付してもらいます。

死亡診断書例

死亡診断書例

 死亡診断書(死体検案書)は故人が亡くなった当日か、遅くとも翌日には発行してもらいましょう。また、以後の手続きで提出を求められることもあるので、何枚かコピーを取っておくとよいでしょう。

お通夜・葬儀の準備

親族が亡くなったら、ごく親しい肉親、菩提寺、葬儀社に連絡し、お通夜や葬儀の日時を決めます。それから喪主や世話役、遺族で、葬儀の形式、規模、費用などについて話し合いを行い、遺影などの準備をします。その際、遺言や「エンディングノート」などで故人の要望が伝えられている場合は、その遺志を尊重して葬儀の方針を立てるようにしましょう。
 葬儀には、宗教による違い、葬儀の規模の違いなど、さまざまなスタイル・形式があります。最近は、遺族やごく限られた近親者のみで行う「家族葬」を求める人も増えています。また、参列者の負担を軽減する配慮から、お通夜から葬儀、火葬までを一日で行う「一日葬」も行われるようになっています。

いろいろなお葬式

いろいろなお葬式

 お通夜と葬儀の日時が決まったら、親戚や友人、知人や勤め先などの関係者に連絡します。難しいのはどの範囲の人まで知らせるかですが、一般的には年賀状をやり取りしている間柄を目安とします。

お通夜の行い方

 お通夜は本来、故人と格別に関係の深かった人のみが集まり、故人の生涯をしのびながら、夜通しで別れを惜しむ場でした。それが近年では本来のお通夜を仮通夜とし、友人や知人の弔問を本通夜として受ける形式が増えています。そのため今は1~3時間程度の「半通夜」が主流です。
 自宅でのお通夜では、ご遺体の枕元に簡易的な祭壇である枕飾りを置き、弔問客がお参りできるようにします。枕飾りは宗旨や宗派、地域によってお供えするものが異なります。葬儀社が執り行うお通夜では、葬儀社が用意してくれます。
 お通夜の席順については、一般的には棺に近い席から血縁の濃い順に、喪主、喪主の配偶者または子ども、故人の兄弟姉妹、その他親族の順に着席します。その後は、来賓、知人・友人と続き、焼香もこの席順にしたがって行います(席順・焼香の順番については、葬儀も同様です)。

葬儀の行い方

 仏式の葬儀は、葬儀・告別式をセットで行うのが一般的です。
 宗旨や宗派によって違いはありますが、葬儀はご遺体の納棺や火葬、読経や戒名(法名)の授与などの儀礼で、告別式は故人の社会的な関係に基づく対応になります。密葬や家族葬が増えた近年では、告別式は故人らしさを大切にした「しのぶ会」「お別れ会」として行うケースも増えています。
 葬儀、告別式を終えたら出棺し、火葬場で荼毘に付します。火葬の際は「火葬許可証」が必要です。火葬が終わると、参列者がお骨の周りに集まり、箸で遺骨を拾い上げ、ご収骨容器に収める「お骨上げ」を行います。お骨上げの後、ご収骨容器は白木の箱に収められ、白布で包んで喪主に手渡されます。この時箱の中に「埋葬許可証」を入れてくれるので大切に保管しておきましょう。お骨上げの後は、初七日法要、僧侶や参列者をねぎらう「精進 ( しょうじん ) 落とし」などが行われます。
 葬儀・告別式と火葬の施設は通常別々となっているケースがほとんどですが、式場・火葬炉一体型施設の東京博善は式場から火葬場まで移動する必要がないため、参列者の方々を長時間お待たせすることなく、効率よくすべての儀式を行うことができます。
 神道の葬儀の手順は仏式と似ており、仏式のお通夜にあたる「通夜祭」の後、「葬場 ( そうじょう ) ( さい ) 」と呼ばれる葬儀、告別式が行われます。キリスト教は、教義が異なるカトリックとプロテスタントでは葬儀の流れが異なります。カトリックでは神父による聖書の朗読や説教、パンやブドウ酒を祭壇に奉納するミサが中心で、プロテスタントでは牧師による聖書の朗読や説教、讃美歌斉唱などが葬儀・告別式として行われます。